• このエントリーをはてなブックマークに追加

「wp-load」と「固定ページ」・ASPやSaaSのショッピングサイトシステムのトップページに読み込む・組み込む方法

今回は

ASP・SaaSといったレンタルサーバー+カートシステムで、CMSが使えるサービスについて

お話のポイント

  • 複雑なシステム開発とは違う
  • 制約された中でも案外自由に構築可能なこともある

このあたりをアイデア・案の一つとして持ち帰ってもらえれば…。


例として、ケース(課題・解決案)、あくまでアイデア・案ですね

やりたいこと

ASP・SaaSを使ったショッピングカートシステムで動かす通販サイトで、

トップページに表示したいこと。
・おすすめ商品をWordPressの機能を使う
・商品を更新できるようにしたい

予め商品をWordPress側に登録


さって、具体的に設置・設定・構築しましょうか。ということで、

以下の状況・環境の場合どうしましょう?

  • 通販システム側のサーバーや管理画面の入力枠でPHPが使えない
  • 通常の通販システム側のPHPがFTPで許可されていない
  • オプションで用意されているCMS用のサーバーはある
  • 他のサーバーに設置しているWordPressをRSSを使って読み込む

→固定ページでJavaScriptで読み込むでも良い

固定ページをJavaScriptとして表示する、
PHPファイルをWordPressの設置してあるサーバーかフォルダに設置して、wp-load.phpを使って情報を表示する

オプションで用意されているCMS用のサーバーがない

案としては、
→ サブドメインを設定してWordPressの動作するサーバーを準備する


ここまで紹介しておいて、

問題点・良くないところなども合わせて

  • 通販システム側のDBはアクセスできない
  • 取得は難しい

→できる人はいいですが…

普通はできないとして。

何が問題かと言うと、

  • 通販システム、WordPress側に商品情報を登録しないといけない

→通販システムの情報が取得できればいいけど、許可されてないケースが多い

新しいシステムだと、
管理画面上でおすすめしたい商品のピックアップが管理できる
そのため、登録された商品を選択して並べ替えなど行える。

  • 手動のランキングなども可能ですね

さらに、
システムによっては、おすすめ商品機能のついているものがある。
どういったものかというと、

JavaScriptを組み込めば任意の箇所に設置可能なものがある。
たとえば、

  • 商品の売れた数や金額に応じてランキング表示する機能
  • おすすめしたいものを管理画面上でピックアップする機能(一部重複機能ではないかな?と思ってしまうこともありますが、実現したいことができるのでどちらでもいいでしょう)
  • さっき見た商品を表示させる機能

まとめ

  • 成約がありそうなASPやSaaSでも、工夫したりうまく応用することでWordPressを利用できる
  • WordPressに代わって使えそうなことはそれでやってもいい
  • WordPressを使ってまだ使えるところはあるので、うまく知恵を絞って活用する
  • →ブログを書くという時系列の機能はWordPressがいいですね

Nicola GiordanoによるPixabayからの画像