WordPressを持ち家・住宅・アパートなどの建築に例えると…?

語弊や少々違った表現のあるところがありますが、なんとなくこういったものだということで捉えていただければ…。

WordPressはとあるハウスメーカーの住宅ブランド。他にも住むという目的、生活するという目的などを果たすために同じような住宅ブランドや会社などが存在する。

いったんまとめると。

  • ハウスメーカーや工務店 = CMS、システム
  • WordPress = ハウスメーカーが開発した住宅のブランド

使う目的や準備する目的は?
雨風しのげる安全な場所で生活したいということが目的

建てるには?準備するには?

  • 自分で建てる
  • 近くの工務店に頼む
  • ハウスメーカーに頼む

家を建てる

自分で設計して、システム組む

どういうことかというと、管理画面を作る・HTMLを組む・テンプレートが動く仕組みを作るとか。
そこまでいかないにしても、柱を建てる、屋根をつける、戸を取り付けるといったことはしないといけないので、大工技術が必要。

近くの工務店に頼む

じゃあ、工務店に頼むと?

オーダーメイドで自分が作業しなくても家が建つ。予算に合わせてくれる。
ただし、オーダーメイドなので高い事が多い。

ハウスメーカーに頼む

ここでいうハウスメーカーというのは、予め工場で組み立てて、現地で建てるということ。
何が言いたいかと言うと、必要なものは決まった形で準備されていて、動くようになっている。というものが、すぐに準備できる。
家を建てるように大掛かりなわけではないですが、HTML・CSSをまいどまいどコーディングするといったことはしないですよね?

ページを作る仕組みなどは工務店の作ったものと同じようなものなのですが、わざわざ作ってもらうシステムではなく、予め準備されたものなので、みんな基本的には同じ。
※カスタマイズしたければ、このハウスメーカーが作った家のやり方・改造方法に沿って改造すればあなたの好みの家に変更可能。

アパート

さらに、住むためには、アパートなどがあります。
もとから建っている。すぐに開設できるメリット。ただし、状況によっては退去させられる。オーナーが出ていってくださいと言ったら出ていかなければいけない。持ち家は自分のもの。自分で準備したものは自分のもの。
このアパートに例えたものは、なんとかブログといったサービスです。

さて、ちょっと誤解があったり・住宅と全く同じではない事情はありますが、
建築を例えにしてまとめます。

  • ハウスメーカー = CMS、システム …WordPress・MovableType、a-blog CMS、Concrete5、MediaWikiなどのある程度よく使う機能がまとまったシステム
  • 工務店 = オリジナルのシステム、完全オーダーメイド
  • WordPress = ハウスメーカーが開発した住宅のブランド

で、

ハウスメーカーでもそれぞれスタンスが違う。設計書や家の作り方などをオープンに公開している。みんなでアイデアを出し合ってみんなで、こうしたほうがいいと思って作っているものがオープンソース。

それを使って、さらに個別のサイトに合わせてカスタマイズしましょ。それぞれの住宅じ事情は違いますよ。ということですね。

サイト制作の流れ

  • 代理店 = 住宅の代理店ってあるのでしょうか?それが、まず案件を取ってくる人。モデルハウスだったり、店頭でのパンフレット案内をしている人、不動産の紹介店舗。のようなもの。
    ちょくでメーカーや工務店、職人さんに頼む場合は、ここに相談しない。人による。
    ※全部自分で作る人もいないでもないので
  • 建築メーカー・下請けのメーカー = 誤解があるといけないので、言っておきますが、WordPressを管理している団体はありますが、使う場合・構築する場合絡むことは通常無いです。あくまで、ここのブランドを使っているだけ。
    さて、コストが安く抑えられた、住宅も建て方やノウハウが少しは必要になってくる。そこで、建築メーカー・下請けメーカーという、構築の進捗などを管理するところが必要。これが、制作会社だったり、規模が小さいとフリーランスといった形になる。
  • 職人 = 家を建てるには設計士、大工、左官、水道作業者、電気工事士といった職人が必要。Webはこれほど別れていないが、少なくとも大工は必要。
  • 作業が完了したら請求書が来る

大工というのは?

家をざっくりいうと立てる人。コーディングを行う人。

設計士

家に住むために、どういったページにするとかどういった見た目にするとか考える人。
住宅に例えると、これは誤解が生じるかもですが、ここはデザイナー。あるいは、装飾などにこだわらず、住宅の利便性を高めるための設計を同行ということきは、システムエンジニア・プログラマーといった人が登場する。

田舎では、システムエンジニア・プログラマがデザインすることも場合によってはあるし、コーディングする人がシステムちょこっとやって、デザインすることもあるし、デザイナーががりがりコード書くこともある。

外から見ると、家を建てる人という認識なので、あまり気にしないが、こういう人達がいる。

さて、
建築をもとに、Web・CMSのざっくりとした位置づけなどを例えました。

抑えておくポイントはいくつかあります。

  1. WordPressを使わなくても家を建てる方法はいくつもある
  2. DIYが得意ならば部品やキット(WordPressやMobableTypeなどのCMSという仕組みのこと)をもとに建てられる
  3. 制約がきびしくないCMSは、改造可能
  4. 建築基準法とかありますが、勝手に建てた家のことは最低限安全が確保されていれば、自分で建ててもいい = HTMLやCSSなどを使ったホームページとか、自作Webサイトのこと