• このエントリーをはてなブックマークに追加

XHTML文書の最初にBOMを付けるとxml宣言より前に文字が入ってしまうので、ちょっと。

文字化けや文字コード変換を防ぐための一つのアイデア

ただ、Windowsだとちょっとひな形を作ってUTF-8で保存した時に日本語の文字が含まれていないと、次に開いたときにUTF-8で保存したはずなのに、Shift_JISとして開かれてしまいます。
それを避けるために文書内に<!– 日本語 –>こんな感じで日本語のコメントを入れるだけで、自動判別される際にUTF-8として認識してくれます。うっかりUTF-8だと思ってそのまま記述していてあとでShift_JISに戻さないといけないという、ちっちゃい手間を省くためにこういうのもありかと。

勿論、データベース+Webプログラムのみで、静的なXHTMLを利用していなければこういったことはしなくてもいいですが(データベース・プログラム設計でUTF-8にしているはずなので)。

Dreamweaverなら

Dreamweaverならば、htmlファイルが文字化けを起こすことを防ぐために、<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=utf-8″/>と記述する。そうすると、utf-8で開くようになる。Shift_JISでも。

本来はWindowsがutf-8ベースで動作してくれれば

本来はWindowsがutf-8ベースで動作してくれればいいが、そうもいかないのが世の中。これが変わってしまうと、いままでShift_JISで作っていた様々なファイルやデータが文字化けを起こしてしまい不具合を起こすことになる。

不具合起こしたくないと考える人が大多数なので、これが進まない。

utf-8で動けばどれだけのコストが抑えられて、効率的な社会になるのだろうか。