• このエントリーをはてなブックマークに追加

1.PHPをダウンロードする

PHP: Downloadsにアクセスして、Windows Binariesの項の「http://windows.php.net/download/」を選択(Windowsインストーラファイル)。
PHP 5.3 (5.3.5)の項目がいくつか並んでいるのですが、VC9 x86 Thread SafeのInstaller [27.02MB]を選択。
デスクトップにでも落とします。

2.PHPインストール

PHP 5.3を落としたら、ダブルクリックしてインストーラを立ち上げます。
Welcome to the PHP 5.3.5 Setup Wizardの窓が開くのでNext >

End-User License Agreementの窓が開くので、読めたら読んで納得した上で、「I accept the terms in the License Agreement」にチェックし、Next >

次にPHPをインストールするディレクトリを選択。特に気にしないのであれば、デフォルトのC:Program FilesPHPを選択し、Next >

Web Server Setupの窓が開くので、一番上のApache 2.2.x Moduleを選択し、Next >

Apache Configuration Directoryの窓が開くので、Apacheをインストールしたフォルダを正しく選択します。
「C:Program FilesApache Software FoundationApache2.2」に入れたのであれば、「Program FilesApache Software FoundationApache2.2」
正しく選択した上で、Next >

Choose Items to Installの窓が開くので、なんとなく全部選択してNext >

Ready to install PHP 5.3.5の窓が開くので、準備はいいよという具合にInstallを選択。

ガリガリ~っとインストールが始まり、最後にCompleted the PHP 5.3.5 Setup Wizardの窓が開くので、Finishを押して完了。

PHPの動きをテキトーなノリで軽く見たい人はこんな感じで簡単にインストールできちゃいます。Confファイルも今では書き換えてくれるようになったので、とっても楽w。

あれれ、httpd.confファイルがおかしい

httpd.confファイルがおかしいため、Apacheがこけちゃったときはhttpd.conf-bkをhttpd.confにリネーム(httpd.confは削除するかどっかに置いておく)。テキストエディタで開いて、一番下に次の内容をコピペ。

LoadModule php5_module "C:Program FilesPHPphp5apache2_2.dll"
AddType application/x-httpd-php .php
PHPIniDir C:/PHP

Apacheを再起動。