• このエントリーをはてなブックマークに追加

新規Wikiプロジェクトの一つWikiseekが発表された。Wikiseekは検索のWikiで、新たなシステムを盛り込むといったことは果たして行われているのかどうか!?
現在は完全版ではなく、Betaで様子見をしているようです。

実際に検索してみました。
JavaScriptが使用されていてスムーズに動きます。フォームに入力していると、ボックス下に関連キーワード(?)の一覧が表示されるようになっています。
現在はWikipediaの記事が検索できる以外に機能を見つけることができませんでしたが、果たして正規版になったときにはYahoo!・Googleなどの大手検索システムに勝るものができるか気になるところです。

Wikiseek – Ultra:[閉鎖したみたいです]http://www.wikiseek.com/

需要や先行きが見通せないとやはりサービスは閉鎖してしまいます。

Wikipediaは2019年現在も文字揺れなどにあまり強くなく、ほぼ文字揺れの記事があるものだけにこれじゃないの?的な候補を出してくれるが、もう少し曖昧な検索や部分一致を強化してもらいたい。検索エンジンというものは1強となってしまったため、そちらから流入することも増えてきた。Wikipediaは相変わらずクオリティの高いボリュームの多い記事を増やし続けているため、検索に引っかかり、役立っているが、今後はどうなっていくのだろうか。