より良いサイトを作るためにどういったことをすればいいのかを具体的に考えてみた&調査してみた。

人に必要とされるページやサイトはアクセスが多くなる。楽してもいいが、不必要なものや不自然なものを世に出しても受け入れられない。
人に受け入れられるような良いコンテンツをたくさん配信しているサイト作りを具体的にやったほうがいいことややらないほうがいいことなどと踏まえて、改善していこうと思う。

やったほうがいいことや、参考

やったほうがいいことや、やらないとそもそもサイトが成り立たないことまであらためてリスト化してみた。

  • 独自ドメインの取得
  • 検索エンジンの登録の許可を行う(拒否しない)
  • ページを公開する
  • ページにアクセスできるようにする
  • RSSで新着情報の配信をする
  • ping送信する
  • 情報取得しやすいHTML構造にする
  • CSSで見やすいデザインにする
  • 外部や内部からリンクを貼る
  • URLの登録
  • XMLサイトマップの登録
  • altを設定する
  • テキストと画像をバランス良く配置する
  • 階層構造をわかりやすくする
  • 日々ページを追加する
  • ページを修正する・コンテンツを追加する
  • 定期的に更新する
  • 公開してから3ヶ月以上の経過
  • 人力的(自動的にではなく)に参照を増やす/SNSなど
  • リンクの階層を浅くする
  • ページの表示が早くなるようにする
  • 関連性のあるページへリンクする
  • Googleキーワードプランナーを使って関連キーワードを使い、コンテンツをわかりやすくする

コンテンツの作り方

コンテンツを作るのが一番大変と言うか、話題が無くなるというか。どうすれば、うまくページを作っていけるのかをリスト化しました。

  • そのページでゴールにたどり着ける、問題が解決する、楽しめるようにする
  • 各ページを独立したテーマにして話題を分ける
  • インデックス、サイトマップ、リスト形式
  • 特集、まとめ
  • 見出しと段落のセット
  • 思い出しコンテンツ
  • ページボリュームを増やして充実させる
  • タイトルをクリックしてもらえるものにする
  • 中見出し・テキストなどは狙っているキーワードを盛り込まずに、なるべく別の簡潔な文字のみにする

あまり良くないこと

良くないことをやっているというのもアクセスダウンの原因らしいので、良くないことがあれば、やらないように注意する。
そういったものもリスト化しました。

  • 特定のキーワードで上位に表示されることを目的としたページの作成
  • 地域などを絞り込んで、ドメイン・サブドメインなどを設定し、1つのページに呼び込むページ
  • 有用なコンテンツにユーザーを案内することを目的とし、生成されたページ
  • 検索結果のような、階層が明確でないページ
  • 定型文や中身が少ないページを自動生成すること
  • 読んでも面白くない、よくわからないページを作成すること
  • 必要とされないような日常や、日記、自己中心的なコンテンツを書き続ける(あなたが有名人であるとか、その日記に価値があれば話は別)
  • 無理に書いた内容の少ないページを公開することは低評価につながる

気になることや誤解

ネット上には様々な解決策がある。それが、ヒントや答えだったとしても、

  • 間違って解釈してしまったものもかえって悪くなってしまうということにつながりかねない。
  • 404ページがある(影響しないらしいが、何百件も同時期に起きているのはやばいかも)
  • 質の高い記事を配信しているブログはアクセスが増える、あからさまな集客目的はダメだが、人のためになるのは評価が高い
  • 問題解決したり、ゴールに辿り着いたり、比較することを目的としたページは内容が羅列であっても価値はあ
  • 人が困ることや、必要とされないものは出さないほうが良くて、少なくても質が高く・わかりやすい・伝わりやすいものが、
  • サイトのためにもなるみたいなので、一つ一つページやサイトを見直しながら改善を図っていきたい。