• このエントリーをはてなブックマークに追加

一番バカバカしいと思われるような時間を最も工夫をこらして減らすことが大事。
最も時間を書けるべきは目的。

コーディング

効率のよい書き方で、メンテナンスのしやすい書き方で。

メンテナンスがしづらいというのは具体的には以下の様なケース

  • インデントが美しくない
  • 命名がわかりづらい
  • 整理整頓されていないファイル

反対に、こういったことを工夫して修正してあれば良いWebサイトの運用ができる。必要なところに必要な時間を書けることができ、サイトのクオリティを上げる機会を得られる。

同じ機能の作成

車輪の再発明が最もバカバカしい。
毎度毎度同じコーディングやデザインを行うのは無駄。かといっても、現実はそうもいかない。複雑な組み合わせや細かい変化にはやはりオーダーメイドで対応するしかほかない。

インプットされる時点でコントロールしておくことが必要かな。