• このエントリーをはてなブックマークに追加

無線LANというものは、家の真ん中に設置すれば、多くの場合はそれでこと足りる。ただ、敷地が大きかったり、敷地内に離れがあって、そこにも電波を飛ばしたい場合には、鑑賞がかかって、壁を超えて電波が飛ばない。壁の向こうでもしっかりキャッチして、そこの電波を増幅させるための機械がある。リピーターや中継器と呼ばれるもの。普通の家ならば、無線LANだけでも十分と考えるものではあるが、電波を強くして範囲を広げたい人は少なからずいるので、そういったマニアックな人向けにはとってもハッピーになれる機械。

取り付けは簡単で、コンセントに直接差し込んで、説明書にあるとおり初期設定を行って、無線LANの電波をキャッチできれば、そのあとは使える。

今までの、インターネット関連機器の印象からすると10年位は、無茶苦茶したり、壊れるような行為をしなければ挿しっぱなしで使えるハズ。電気をそれほど使わない機器というのは長く安定して利用できる印象。(個人的意見)

中継器が思った感じにならない

電波が思ったほど届かないことがある。鉄骨が入っていたり、干渉がかかってしまい、想定していたところから想定していたところへうまく電波が飛ばせないケース。そういった時には、電波の中継方法を見直して、うまく中継できるように工夫する。

例えば、

  • 使用する端末の部屋を中継器の近くに持ってくる
  • 部屋の構造を変える
  • 中継器をもう1台購入して設置する

電波が遮断されるところに中継機がある

電気を通す素材や厚みのあるものや電波を遮蔽してしまう遮蔽物は基本的に、本体との間にあると通信状況が悪くなり、うまく動作しない。遮断されないようにするために、いくつか中継機を揃えるか、遮断されないルートにする。または、遮蔽物を除去できるのであればうまく除去する

中継器は差しこむだけのものがある

コンセントに直接差し込むだけのものがある。といっても、設定が必要なので、差しただけでは動かないことも。ホコリが溜まると危ないので、定期的に掃除すること。