• このエントリーをはてなブックマークに追加

電話の対応はスムーズに行きさえすれば、機械のように完璧でなくても良い。
相手にどう伝わっているか、相手にどう理解してもらっているか等、突き詰めれば会話と同じようなものになる。

顔が見えない、声だけ、間だけ、といった伝達機器をいかにうまく使えるか、がポイント。

敬語は基本

です、ます帳で。ただ、ですますを使えばいいかといえばそうとは限らない。

相手の呼吸を読む

雰囲気を読むというのもあるが、相手が次話し出さないだろうかと注意しながら、自分が話す。顔を見ないと話し始めに気づかない。電話では、顔が見えないぶん、より呼吸をうまく読む必要がある。