タグ: WRX

    スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)の消耗品・交換部品・メンテナンス等 確認項目

    スバル・インプレッサ WRX STIで定期的に交換が必要なものや、長くのっていると壊れてくるものなどをまとめました。 消耗品 年に1回以上は交換するであろう、確認しておくべき項目。 エンジンオイル オイルフィルター ブレーキ液 バッテリー液 ウォッシャー液 冷却水 タイヤの空気 摩耗、消耗しやすい交換部品 タイヤ ブレーキパッド ワイパーゴム ヘッドランプ ブレーキラ...

    スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)の車名及び型式

    車種記号(MODEL):GDBE4EH-ZL「GDBE4EH ZLC」 GDBE:GDB-E型。GDB・アプライドモデルE型。 A型(丸目がA型~C)ならばGDBF、鷹目(F型~G型)GDBAとなる。 発売年月:2004年6月 グレード:WRX STI エンジン:2000cc DOHC ターボ 番号割当:GDB-002003~GDB-038784=36781台?(2000年10月~2007年6月:84ヶ月) 437台?/1ヶ月、5254台?/1年 結構売れていたんですね。 WRX STI、S202(丸目)、S203(...

    スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)の夏タイヤ・冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)の交換

    スバル・インプレッサ WRX STI(GH-GDB-E)のタイヤ・ホイールサイズ スバル・インプレッサ WRX STI(GH-GDB-E)のタイヤのサイズは、235/45R17です。 意味 235:タイヤの幅235mm(23.5cm) 扁平率:45=45% リム経(ホイールのサイズ):R17(17インチ) 冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ) 冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ:スノータイヤ)の推奨サイズは夏用タイヤの235/45R17とは違うみたいです。 ※235...

    スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)のタイヤ・ホイールサイズの確認

    運転席側のドアを開けます。 ドアの固定部分にシールが貼ってあります。 貼ってある値を確認します。 スバル・インプレッサ WRX STI(GH-GDB-E)のタイヤサイズ スバル・インプレッサ WRX STI(GH-GDB-E)のタイヤの推奨サイズは、235/45R17(PCDが114.3)です。 空気圧は夏・冬ともに同じ。 前輪: 230(2.3) 後輪: 190(1.9) 意味 235:タイヤの幅235mm(23.5cm) 扁平率:45=45% ...

    スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)のボンネットの開き方・固定方法

    スバル・インプレッサ WRX STI(GH-GDB-E)のボンネットは、この頃に販売されたよくある日本車と同じく、ボンネットステーを使って固定します。 まずは、ボンネットのロックを解除して、開きます。 ボンネットのロックは、こんな感じになっています。エンブレムの上辺りにある、穴に指を指を伸ばし突っ込むと、レバーが隠れていますので、右から左に1cmほど動かします。 すると、ロックが外れて、蓋(ボ...

    スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)のエアコンディショナの確認

    ボンネットを開いてみた後ですが、ここにボンネットを固定するレバーが、フロントグリルの中に隠れています。指を突っ込んで、レバーに触れたら、右から左に1cmほど動かす。すると、ボンネットのロックが解除されて、ボンネット(エンジンルームの蓋)が持ち上がるようになります。 ボンネットは、開いても、残念なことにそのまま開いたままになりません。この頃の輸入車・高級車などはすっとボンネットを、上げれば固...

    スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)の各コード・番号や型式を確認する方法

    どこを見たら、どういったコードや番号を確認する方法です。 メンテナンスや補修、修理を頼むときなどに確認しておきたい様々なコードや番号など。ドアの横や車のガラスなどにシールが張ってあったり、プレートに記載してあります。 車によって場所は違いますが、スバル・インプレッサ WRX STI(GH-GDB-E)の各コードや番号や型式を確認する場所や方法などを見ていきましょう。 型式 GDB-GDB 車の型式です。車の...

    スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)を運転する(MT)

    ターボを搭載した4WD、6MTのセダン型のスポーツカー。比較的小型で、取り回しが良くある程度の狭い道でも走ることが可能。雨や雪道などの悪路も二輪駆動車と比べて安定して走行することが可能。   クラッチ操作 280馬力とカタログでは表記されている車。出力が高い車でMTというのは非常にクラッチが重い。ほんの50kmほどドライブしようとすると、軽い足の筋トレに近いくらいの力が必要。 クラッチが重いのもさる...