タグ: MediaWikiの使い方

主にMediaWikiの活用方法や、カスタマイズ方法など。

MediaWikiを使うためには、前準備として様々なことを行っておく必要がある。簡単なMediaWikiの使い方・流れは以下の通り。

  1. サーバーを準備する
  2. MediaWikiを準備する
  3. インストールする
  4. 設定する
  5. ページを作成する
  6. カスタマイズする時はスキンを編集
  7. 機能を拡張する時はextensionsを追加

サーバーがない人は、サーバーを準備する必要がある。まずはそこからスタートする。
レンタルサーバーなどのサーバー会社に契約するか、ローカルの自前のサーバーであればそちらを準備する。

サーバーの申し込みをする時には、PHP・MySQLが要件に示されたものが使用できるかどうかということ、動作チェックを行う。インストールする時に動かなければ、過去のバージョンなどを試してみる。難しい時は、他の人に聞いてみたり専門の方に依頼する。

サーバーの準備が出来たら、MediaWikiのサイトからダウンロードする。1万を超えるファイル数。アップロードするのに大変時間がかかる。知識のある人は、sshで操作するととても早いらしい。

MediaWikiの公式サイトや解説している方の文献を参考にインストールする。インストール時にどういった設定ができるか、どういった設定を行ったらいいのかは、経験してみないことにはわからないこともあるため、あとで考えるなり、誰かに助けを求めるなりして解決する。自分の分かる範囲で設定が行なえ、インストールが終わったら、LocalSettings.phpがあなたのPCにダウンロードされるので、それをMediaWikiのインストールされたフォルダにアップロードしてインストールが完了となる。

インストール後にできることは、

  • .htaccess
  • LocalSettings.php
  • スキンのカスタマイズ
  • ページの作成・編集
  • カテゴリの作成・編集
  • extensionsの追加

といったことができる。

簡単にできないのが、再インストールやシステムの修復など。インストールやシステム改変は少しシビアなシステム。

.htaccessの編集で何ができるのか?

.htaccessの中身を以下のようにする。

RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule ^(.+)$ index.php?title= [L,QSA]

これは、サイトにアクセスしてきた時に短縮化するためのもの。これだけではURLを短縮化出来ない。

LocalSettings.php

MediaWikiの設定ファイル。MediaWikiのフォルダ直下にアップロードするもので、ここに以下のような記述を追記(同じ部分は上書き)して、アップロードすれば、あなたのMediaWikiで構築されたサイトが「https://example.com/メインページ」の形式で表示できるようになる。

$wgScript           = "$wgScriptPath/index.php";
$wgRedirectScript   = "$wgScriptPath/redirect.php";
$wgArticlePath      = "$wgScriptPath/";

MediaWikiについて

MediaWikiは辞書や事典、あるいは攻略サイトやとあるテーマに沿ってデータを表示させるようなコンテンツを追加・生成・作成するのにはとても向いているCMS。メリットは多いが、ブログ型のCMS・あるいはカスタマイズに特化した柔軟なCMSとは言えないため、癖や特化した部分を把握した上で利用するのが良い。

そのようなMediaWikiの使い方・カスタマイズ方法について様々な角度から試したことやあるいは、どのように行うべきなのか、どのように考えるのかをまとめた記事がこのタグに属している。

インストールはとあるファイルが不足しているが、そちらを上書きしてアップロードすれば、簡単にインストールすることができ、だれでもあなただけのWikiサイトを構築することが出来る。インストール後はWikipediaと同じように誰でも編集できるようにしておけば、どんどん共同でサイトを大きく使いやすくそして理解が深まるサイトに仕上げていくことが可能。

テンプレートは主にVectorを使って説明している。

  • 設定ファイル:Localsettings.php
  • テンプレートファイル:vectorフォルダ内のVectorTemplate.phpを編集する

    MediaWikiで、ページ名(URL)を英語にして、を自動表示しないようにする

    MediaWikiにおける欠点、またはメリットでもあるページ名自動表示。ページ名を作成したとおりの名前で表示してくれるのは便利ではあるが、URLを日本語のまま表示してしまうと、そのページにリンクを貼るときには、エンコードした長いURLとなってしまう。 それを解消するための一つの案(アイデア)。 これはURLを英語つまり、エンコードしたURLとせずに短いURLで該当のページにアクセスできるようにして、かつ内容は...

    MediaWikiのインポート機能(XMLファイル)を使用して、一括でデータを取り込む

    MediaWikiにはもともと、特別なURLが用意されている。データの取り込み用URLが存在する。 特別:データ取り込みのURL ログインした状態で、以下のURLにアクセスする。 http://example.com/をあなたのサイトのドメインに変更して、以下のURLにアクセスする。 デフォルトURL http://example.com/index.php?title=%E7%89%B9%E5%88%A5:%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%8F%96%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%81%BF ...

    Mediawiki(1.28.0)がうまくインストールできない、エラーが出て動かせない

    以下のフォルダに入っているファイルに不備があるため、 \vendor\liuggio\statsd-php-client のモジュールを使おうにもうまく動作しない。インストール完了までたどり着けないようになっている。 理由はよくわからないが、以下の場所にそのフォルダ内に入れるべきデータが公開されているので、ダウンロードする。 https://github.com/wikimedia/mediawiki-vendor/tree/master/liuggio/statsd-php-client ダウン...

    MediaWikiで使用されるVectorTemplate.phpで取得できる値

    ページ名 $this->data['title'] ページタイトル(サイト名の連結した文字) $this->data['pagetitle'] - $this->data['displaytitle'] - $this->data['thispage'] - $this->data['titleprefixeddbkey'] - $this->data['titletext'] ページ番号 $this->data['articleid'] - $this->data['isarticle'] サブタイトル $this->data['subtitle'] - $this->data['undelete'] ペー...

    MediaWikiのナビゲーションの位置を右に、コンテンツを左に移動する

    右にあるものを左に。左にあるものを右に移動させます。これはPCやテレビ、高解像度ディスプレイなどのデバイスのスタイル向けのものに限るのではありますが。 さてと、説明ですね。 パーツの説明 ナビゲーション #mw-panelがナビゲーションです。 div#mw-panel { font-size: inherit; position: absolute; top: 160px; padding-top: 1em; width: 10em; left: 0; } 左から10emで、上から160pxの位置、つま...

    CMS:MediaWikiのレスポンシブWebデザイン機能有効化

    MediaWikiの直下にある、LocalSettings.phpを開き追記します。 場所は以下のコメントの上であればどこでも良さそう・・・? # End of automatically generated settings. ## Responsive $wgVectorResponsive = true; これだけでレスポンシブWebデザインに対応できます。・・・といっても編集用ナビゲーション(#mw-head)などのPCメニューが残ったままなので、消す必要があります(人によるのでしょうが・・・)。 こ...

    CMS:MediaWikiのメインコンテンツのソースコードの場所

    VectorTemplate.php 広告などをメイン部分に差し込みたい、あるいはバナーを設置したい、その他にも共通のパーツなどを差し込みたい場合にこのファイルの編集を行う。 場所は以下の通り。 \skins\Vector\VectorTemplate.php role="main"の中で該当の処理を行っているところに追記してアップロードすれば、差し込むことは簡単。 <div id="content" class="mw-body" role="main"> ~省略~ </div>  

    CMS:MediaWikiのベース・値用スタイルシートファイルの場所

    HTMLエレメントcss \resources\src\mediawiki.skinning\elements.css リンクの文字色、表組みなどのコンテンツに使用されるベースタグのスタイルが定義されている。cssファイル。 elementsなので、主にタグに使用されているもの スキン用共通ベースless \skins\Vector\componets\common.less body、.mw-bodyのスタイル、見出し等の共通スタイル設定を行うためのスタイルファイル。lessファイル。 もともと...