タグ: HTML

大学や研究結果などの大切な文章をまとめるためにリンクという概念がついた電子文書のフォーマットとして登場。登場時はインターネットは一般的ではなかったし、文章や画像を表示させる程度で精一杯だった。そんななかこの仕様を世界で使えるようにして、Webの今日のスタンダードとして普及したのがHTML。

ハイパーリンクマークアップランゲージというのは、単独のファイルであれば、拡張子は違えど、単なるテキストファイル。.htmlとして作成して、タグを正しく定義していれば立派なHTMLである。
HTMLはタグと呼ばれる決められたルールの文字でテキストやメディアなどを定義することにより、Webページとして作成する。公開して、他のHTML文章などにリンクすることにより、本来のハイパーリンクが活きてくる。

画像や動画、音声などのタグも追加され、将来は一部のメディアでしか使えなかったもの・動かなかったものをHTMLで定義・表現できるようになるかもしれない。

主に、CSSやJavaScriptなどと組み合わせてWebページを作る。装飾できないことはないが、それは過去の制作方法であって、ナンセンスである。レイアウト・装飾はCSSで行うべき。

HTMLは、HTML文書のルールに則って作成されたファイルそのもの、あるいは表示結果として出力されたHTMLのコードを指す。