タグ: Dreamweaverの使い方

Webサイトのコードを記述するときに便利な、Dreamweaverの使い方を紹介しています。

Dreamweaverはコードの候補を表示してくれたり、コードのエラーをぱっと分かる形で表示してくれたりと非常に便利です。

Dreamweaverのテンプレート機能は基礎的なDreamweaver活用のためのキーワードの一つで、これを使うことが主目的でも、十分にDreamweaverを使う理由になる。PHPやCMSが普及してきてはいるが、同じ形のファイル・同じ内容のパーツなどを一つの雛形をもとに、生成したり・更新したり・除去することに特化した機能。Dreamweaverテンプレートと呼ばれるもので、拡張子はdwtやdtw.php。これらに結びついたindex.htmlやindex.phpなどはテンプレート部分を更新するだけで、共通部分を更新することが可能。phpならばパーツ化するとそれほど恩恵を感じないが、すべてがすべてphpやCMS、他の優れたシステムにとって変わらなければ、まだまだHTMLの更新というものは続く。HTMLの更新を手助けしてくれるDreamweaverはスグレモノ。

スニペットを使うことにより、コードの再利用が可能で、予め用意しておいたもの・前に使ったけれども再利用する頻度の高いものは、登録しておくと次回の作業時間が大幅に短縮できる。タグを今日もいちからコーディングするなんてバカバカしい。ぽんと、表示される格闘ゲームの必殺技のようなトリガーキーや、トリガーキーを登録していなくとも、スニペットのフォルダを開いて、コードをダブルクリックだけで、再利用できるのはとっても素敵。

登録しておいて損はない箇所としては、ナビゲーションメニュー・カラム・新着情報の一覧・ギャラリーなど。

Dreamweaverの特徴的で、便利な機能の紹介・活用方法については各見出しのついた記事にその内容が載っているが、プレビュー機能では、完成形の画面を見ながらコードを書くことができる。エディタが好きって人にとってはあまり興味が湧いてこないことかもしれないけれども。