タグ: CMS

コンテンツマネジメントシステムの略。ページを作成するためにHTML文書などを準備して、公開サーバーにアップロードする必要があるが、CMSは予めWebサイト・Webシステムとしてサーバーにインストールすることにより、ページを管理画面から作成して、新しいコンテンツを作成したり、過去に作成したコンテンツを編集・加筆することが可能。

ページ制作の効率がよく、共通のコンテンツやパーツは一元で構築することができるため、オリジナルのコンテンツに人の手作業を注力させることができる。また、カテゴリー・分類などの機能を持ったCMSがあり、それを利用すると、ページを仕分けることが可能。

    MediaWikiとWordPressの機能を組み合わせる、うまくフォルダを作成して同居させる方法

    MediaWikiにWordPressを組み込む。 MediaWikiのVectorTemplate.phpにWordPressを組み込むのは、 <?php require(‘./contents/wp-load.php’);?> を使って、読み込みを行う。これを記述すれば、MediaWiki内にWordPressの機能を組み込むことが可能。日記をつけるのはWordPressがとっても効率的なので、そちらで書いていくのが良いかと思われる。読み物・各ページごとにリンクを貼っていきたいページはMediaWikiのペ...

    コンテンツづくりに困ったときは他のページを参照してまとめるのも一つの案

    先にルーチンとなる手順を記述しておく。賛否両論あるかもしれないが、 オリジナルのものをもとに組み合わせてA・B・CからABCDEを作ったり、ABCXYZ、AXBXCYZといった ものは勝ちがあり価値がある。 ターゲットキーワードを選定する 例)公園 遊び方 子ども 例)三重県 海 ドライブ ターゲットキーワードに合わせてタイトルを作成する キーワードをコピーして、タイトル欄に一旦貼り付け、自然なタイトルに変更する ...

    WordPressでマルチサイトで構築されているサイト(ネットワーク)にて、子サイト(各ブログ)の一覧・情報を表示する

    子サイト(各ブログ)の一覧を表示する   <?php $blog_list = get_blog_list( 0, 'all' ); foreach ( $blog_list as $blog ) { ?> <pre> <?php print_r($blog); ?> <pre> <?php } ?> ループで表示する1サイト分の例。下記のような4つの情報[blog_id][domain][path][postcount]が取得(表示)できる。ただ、上記関数で取得できる値は上記4つだけ。 Array ( [blog_id] => 5 [doma...

    別のCMSや静的コンテンツを同居させて特化した機能を最大限活用する

    CMSによってそれぞれの特徴がある。それらの機能を同じサイトに組み込むことは可能かどうか。CMSや静的コンテンツによるが、可能。 別CMSと他のCMSとの同居 例えば以下の様なCMSをピックアップして考えてみる。もちろんデフォルトで搭載されている機能のみで。 WordPressは時系列に沿ってコンテンツを増やすこと、各ページのテンプレートのカスタマイズに長けている MediaWikiは、辞書などの何度でも必要な時に...

    MediaWikiの導入・構築費用(目安・イメージ)

    設置・構築代行 インストールだけ 会社 50000円前後 フリーランス 10,000円、20,000円前後とかでやってくれるところもあるかも カスタマイズ カスタマイズを追加すると、 会社 400,000円~1,500,000円ほど、大規模だともっといくことも フリーランス 150,000円~400,000円ほど、内容による テンプレートのカスタマイズに関する文献が少ない・技術者が少ないため、金額は...

    オープンソースCMSの普及、パッケージCMSの歴史

    Webが世に普及して、Webサイトが作られるようになる Webの黎明期、サイトを作って公開する。HTMLを作るということは趣味的で楽しかった。 ページを作るだけでも大変だったし、それぞれリンクしていたけれど、ナビゲーションなんて言うものなど無かった。 ページが行き来しやすいデザイン/アイデアが確立されて、みんな真似して工夫して。 ページが増えてくるとシステムが解決してくれる様な時代もやってきた。...