タグ: 未だに解せないこと・不思議なこと・許せないこと

どうでもいいことや、なんともいいがたいところ。自分が過去にあったショックだけれども、いろいろと人生にはあるもんだということがわかるような投稿。

    小学校の時に一度遊びに行った時にあった出来事

    小学校の時というのはもっと遊んだり、色々なことを体験しておくべきだった。ゲームばかりしていて、まわりがあまり見えていなかった。また、本を読んでおくべきだと思う。見解・見識・視野が狭くて頭が良くならなかった。 何年生だったか覚えていないが、恐らく低学年だっただろう。 そいつの家に遊びに行ったが、家の中でボールを投げ合いっこするようになった。自分がやり始めたのではない。 おもいっきりボー...

    鉄琴のバチ?マレットというのでしょうか、あれで頭を叩かれた時は腹が立った

    小学校時代には色々なことがあります。解もあれば不快もある。不快なことって案外覚えているもので、今でも忘れない。ただ、かなり昔のことだと、ものによっては良い思い出だったものやら。 鉄琴といえば、打楽器なので、金属を叩き振動させて響かせますよね?たしか。あれって、木琴と違い、硬い樹脂のようなものでできていて金属とぶつかった時にとてもいい音が出るようになっています。それで身体を叩いたりすると...

    小学校時パンをもらったことで腑に落ちない件

    納得できないという嫌な思い出というものは非常に多い。コミュ障や記憶力が悪い、また説明能力が低いため損しているのだろうが。 小学校の給食、給食というものは楽しいもので、毎日献立にのっているおいしい料理を食べることができる。女の子というものは太ることを気にする頃、食事を減らしてなんとかしたいという悩みがあったみたい。そこで、パンを減らして誰かにもらってもらうというアイデアを考えた子が居た。 ...

    注文したうどんの内容を忘れていた怒られたこと

    食券で注文するように昔からできているSAかPAのフードコート。そこで、注文したうどん。おそらく天ぷらうどんだったのだろう。その時に、何を忘れてしまったのか、普段食べているきつねうどんではなかった自分。あれ?きつねうどんじゃないと思ってしまって、勘違い。 たまたま、きつねうどんを頼んでいたほかの女性客の人がいらいらしながらも、変えてくれた。 店員が間違ったのか、自分だったのか、おそらく自分...

    小学校の時のキャンプイベントで嫌だったこと

    小学校のイベント言うものは、何をやっても楽しいことばかり、新しいことを体験できるからか、重く考えるようなことがないからか。一生懸命になる。 小学校では夏のイベントが行われ、地区旅行でバスに乗って遊園地・プールで遊ぶことがあった。高学年は、それとは別にキャンプイベントというものがあった。 キャンプの準備というものは、大変で、様々持ち寄って必要とすべきものをチェックして参加するのが当たり...

    ぶつかったときに怒られた小学校の時の教師

    とある日、放送委員に頼まれて、CD?を音楽室に取りに行った時の話。放送室は1F、音楽室は3Fなので階段を登らないといけない。 人に頼まれごとをされたので、嬉しかったのだろうか、勢いあまって走り始めようと、階段を登ろうとした。階段は放送室のすぐ隣りにある。その時に、教師にぶつかった、恰幅がよくふっとばされた教師におこられた。これは自分が悪い。走ってはいけないものだし、もし小さい子だったら怪我をし...

    新しく着任した警察官がうちに挨拶に来た時に不可解ないじり

    平成6年渇水と呼ばれる渇水があった頃、その時は本当に水不足で日本はえらいこっちゃな年だった。水道が止まるということも制限されるということもなかった。ただ、農作物が育たないとか、ダムの貯水率が低いだとかいうことがニュースになっていた。 そんな中、水遊びをするのが大好きだった自分は、夏の暑い時期にホース付きの蛇口を捻って水を垂れ流していた。夏というのもあったし、当時はエアコンのある部屋という...

    小学校の時の理不尽な暴力

    随分と前の話ですよね。今と比べると小学校の環境やヒトやモノ状況というものは違っていて、改善されていたり、あるいは反対に陰湿に悪くなっているところも。難しくなったこともあれば、そうでもないことも。 今もそうだけれども、特に小学校時代はなかなかモノを言える子出はなかった、表現などが上手ではなかったので、勘違いされてということが多かった。にしても、あれだけはしんどかったけれど。 厳しい教師...