• このエントリーをはてなブックマークに追加

スバル・インプレッサ WRX STIで定期的に交換が必要なものや、長くのっていると壊れてくるものなどをまとめました。

消耗品

年に1回以上は交換するであろう、確認しておくべき項目。

  • エンジンオイル
  • オイルフィルター
  • ブレーキ液
  • バッテリー液
  • ウォッシャー液
  • 冷却水
  • タイヤの空気

摩耗、消耗しやすい交換部品

  • タイヤ
  • ブレーキパッド
  • ワイパーゴム
  • ヘッドランプ
  • ブレーキランプ
  • ウィンカーランプ
  • ナンバープレートランプ

中長期もつが、故障するもの

ある程度耐久性能は高いものの、長く乗っていると故障するもの。数万キロ~10万キロ毎くらい、~20万程度のもの。

  • エンジンベルト
  • ブレーキキャリパー
  • スプリング
  • ダンパー(ショックアブソーバー)
  • ドライブシャフト
  • クラッチ
  • マフラー
  • ラジエーターホース
  • スパークプラグ
  • ドライブシャフト
  • オルタネーター
  • 燃料ポンプ
  • ウォーターポンプ
  • ガスケットの劣化

ダンパー(ショックアブソーバー)

ダンパーが古くなってくると、音がしたりします。直さなくてはならないことはないが、ギシギシ・コンコンと、特に凹凸の激しい道路を走ると気になる。交換となると高くつく。

ガスケットの劣化・エンジンオイルの漏れ

エンジンオイルが漏れると、ガス臭い・油臭い臭いが車内に入ってくることがあります。気になるので、交換した方が良いが、費用は高くつく。

車のメイン部分

交換するとなると、かなり費用がかかるもの。事故をしたり乱暴な扱いをしなければまずは壊れないであろう部分。

  • エンジン
  • フレーム(サビや折れ、曲がりなど)