人に良さやよりよい方法を伝えることや、それに関わる専門家などが注目されている

今から列挙するコトバはよく似ていて、その道のプロ・それに詳しい人・その魅力を知っている人の職業や肩書などを以下のように言われることがある。

  • スペシャリスト
  • インフルエンサー
  • エバンジェリスト
  • モデレーター
  • アンバサダー
  • ガイド
  • スピーカー
  • インストラクター
  • ティーチャー
  • コーチ

それぞれ厳密には別だが、何かの活力を与える人、きっかけを作る人、広める人など共通していることは人に伝えて、その人を動かす・動きたくなる気にさせる人やその人の行っている活動が注目されている。

普通の人でも実現できることが多くなったので…

モノ自体の生産が科学技術の向上とともに、敷居が下がって、誰でもできてしまうと言ったことが起きている。だれでもできないことに着目して、それを仕事にしている人も増えてきている。それは、人の能力をアップさせるサービス。

具体的には、

  • レクチャー
  • セミナー
  • ワークショップ
  • 体験

といったこと。

目に見えないことは、受注して、生産する・制作すると言ったことは今までにあったが、最後は自分が運営したりあるいは活動してく必要があるので、これをうまく教えてくれる人や仕組みなどの価値が上がっている。

例としては、
Webサイトの制作方法、アプリの活用などのセミナー。勉強会。
ヨガ教室、雑貨作り教室など。

参加することで何が期待できるか?また、自分を高めるためのきっかけというのは?

活力

モチベーションアップのための講座などは価値がある。

より良くする、改善する

もともとやり始めているが、なかなか形になっていかない、どうやって今やっていることを盛り上げる、より良くしてくかを解決するために、教室やセミナーはある。

きっかけ

そもそも、良し悪しがわからないから、やってみて、ダメならやめる。良さそうなら続ける。
これは、体験教室とか、体験会といったものがそれを満たしてくれる。きっかけというものは、まずやりたいかやりたくないかもあるが、そもそもやってみないとわからないこともある。誰かに教わって、強制的でもいいからやってみること。そこからなにか生まれるかも。

たたき台・草案・発起・アウトライン

たたき台や草案、そもそも始めると行ったことは、きっかけがないとなかなか起こせるものではない。火をおこすようなもの。火は勝手に起きないから、火を起こすための方法や、手段を考える必要がある。
どうやれば目標に向かって勧めていくことができるかといった、ざっくりとしたアウトラインでもいいので、形づくれば、それに沿ってよりよいものが作れるようになる、運用できるようになる、また活動できるようになる。

一緒に行う・一人じゃないという意識

活力やモチベーションに近いが、一緒に行うことで時間や場所や価値観を共有できる。持続は他の人とともにあることでより向上したり補われる。