• このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバーに興味を持ち出したり、登場したSSDに飛びついたり、大容量メモリ搭載のものに目が無かったり。

2019年 はじめての自作PC(ハイスペック)

最近のBTOは安定している。大手のPCメーカーのものは未だに魅力がないものが多いのと、

  • 評価
    • めちゃくちゃ速いと言うか、どんな処理でもサクサク動くという感じ
    • ネックだったのは、動画編集を行う際にプレビューしている間に止まってしまうということ。そういったことがなくなり、サクサク描画できるので、作業が捗るようになったところ。そういった意味でいうと、かなり早くなっているんだろうなぁと感じる。
  • 価格
    • 20万円前後
  • 用途
    • クリエイティブ
  • 販売店(メーカーは各パーツのメーカー)
    • パソコン工房
  • ブランド
    • 各パーツメーカー
  • OS
    • Windows10 Pro
  • CPU
    • Core i7-9700K 3.60 GHz(ターボ・ブースト:4.90 GHz)
  • メモリ
    • 32GB
    • CFD W4U2666BMS-16G(DDR4-2666/16GB×2枚)
  • ストレージ
    • M.2 Western Digital WDS500
  • リムーバブルディスク(移動可能なディスク、円盤など)
    • なし
  • グラフィックボード
    • オンボード

2016年 ドスパラの低価格PC

最近のBTOは安定している。大手のPCメーカーのものは未だに魅力がないものが多いのと、

  • 評価
    • 良:連続稼働させるには耐えられないが、不可の優しいイントラネットやテストサーバーならば十二分に使用できる。この手のサーバー機というのは大学の研究所などで使うのが良いかと思われる。あと何年も使えそうなので、壊れたHDDを差し替えていつか使いたいと思う。(もったいないので)
  • 価格
    • 48000円前後
  • 用途
    • ファミリー
  • メーカー
    • ドスパラ
  • ブランド
    • ProLiant
  • OS
    • 標準OSはWindows10
  • CPU
    • Celeron
    • GHzは不明
  • メモリ
    • 不明
  • ストレージ
    • HDD500GB
  • リムーバブルディスク(移動可能なディスク、円盤など)
    • スーパーマルチ
  • グラフィックボード
    • オンボード

2014年 HPのサーバー

サーバーを自作したくなったので、中古のPCを購入することにした。HPのサーバーを購入することに。もちろんスペックは良かったが、こちらもSASではないので、連続稼働には耐えられず。Webサーバーにするなら、レンタルサーバーを借りるか、VPSが一番賢い。
ただし、こういった体験をするのが目的だったので、今度チャンスが有るのならば、そういったサーバーを購入したい。

  • 評価
    • 良:連続稼働させるには耐えられないが、不可の優しいイントラネットやテストサーバーならば十二分に使用できる。この手のサーバー機というのは大学の研究所などで使うのが良いかと思われる。あと何年も使えそうなので、壊れたHDDを差し替えていつか使いたいと思う。(もったいないので)
  • 価格
    • 16万前後
  • 用途
    • サーバー
  • メーカー
    • HP
  • ブランド
    • ProLiant
  • OS
    • OSは標準Windows Vista
  • CPU
    • Xeon
    • GHzは不明
  • メモリ
    • 不明
  • ストレージ
  • リムーバブルディスク(移動可能なディスク、円盤など)
  • グラフィックボード

2014年 HPの中古ワークステーション(サーバー練習用)

サーバーを自作したくなったので、中古のPCを購入することにした。HPのワークステーションを購入することに。公開していたが、やはりSASを使ったり、24時間稼働させるためのものにしないとだめらしい。

  • 評価
    • 悪:サーバー用で購入したが、いかんせん知識不足だったので、思い通りにならなかった。
  • 価格
    • 30000前後
  • 用途
    • サーバー
  • メーカー
    • HP
  • ブランド
  • OS
    • OSは標準Windows Vista
  • CPU
    • Xeon
    • GHzは不明
  • メモリ
    • 不明
  • ストレージ
  • リムーバブルディスク(移動可能なディスク、円盤など)
  • グラフィックボード

2014年 lenovoのワークステーション

ワークステーションが欲しくなったので、購入。かなりスペックは高いが、パソコンの価格ってどんどん下がっていて、12万ほどかければ相当にいい物が手に入る。SSDはめちゃくちゃ早くて、OSも新しい物に入れ替えると起動が今までの何十倍も早くなり捗った。今までが遅くて、Windows7などは起動に時間がかかっていた。古いHDD都の組み合わせだと最悪、10分ほど待っていないと立ち上がらなかった。
これが、30秒ほどで起動です。※ただし高性能PC

  • 評価
    • 良:速いし安い
    • 予算もあって、購入が可能だったのは、エントリーワークステーションだが、めちゃくちゃ速くなった。自分の中での、今までのPCの起動時間の基準が変わった。
      ストレージはSSDが良い。メモリは多いほうが良い。もちろんCPUは性能の良いのが速い。
    • 気になるのが怪しげなソフトが入っているらしいとのこと。
  • 価格
    • 125000円
      • 208000円 – キャンペーン割引(83000円)
  • 用途
    • クリエイティブ
  • メーカー
    • Lenovo
  • ブランド
    • E32:Lenovo ThinkStation E32 Tower Workstation
  • OS
    • OSは標準Windows8.1だが、10にアップグレード
  • CPU
    • Xeon E3 1245V3 3.4GHz
  • メモリ
    • 16GB
      • 4GB ECC PC3 1600MHz UDIMM × 4枚
  • ストレージ
    • 240GB SSD:ソリッド・ステート・ドライブ 2.5インチ SATA
  • リムーバブルディスク(移動可能なディスク、円盤など)
    • DVD-ROM・ドライブ※見落としていたが、DVD-ROMなので、DVD-RW等のメディアに書き込みができなかった。これは外付けの安いBDなどを買えばよかったので大きな問題にはならなかった
  • グラフィックボード
    • NVIDIA Quadro K600 (Dual link DVI, DisplayPort) – 1GB GDDR3

パソコンをはじめて購入した時代から2010年頃にかけてまでの履歴。

2009年前後

性能の良いデスクトップPCが欲しかったので、購入。自身の使用した最後のWindows XPモデルとなる。はじめての本格的なと言うか、中小規模のBTOメーカーだったので、試しに購入。その後、倒産に。Core i7ブランドが出始めの頃だったので、いろいろつけて購入。本体のみだったが、価格は自分が払う金額としては少し高めの12、3万で。

  • 評価
    • 悪:性能はやはりi7なので高かったが、電源が落ちることがしばしば。パーツの組み合わせには無理があったみたい。省電力のものだとi7には耐え切れなかった。また、年数が経つと音がうるさく、非常に不快だった。
      3年ほど使用していると、途中で停止・立ち上がらないことがしばしば。5年後には立ち上がるのに何度再起動したことやら。パーツの見合わせ・ブランドが安定するまでは新しいパーツには手を出さないこと・メーカーは安定しているところを取るという勉強になった。
  • メーカー
    • クレバリー
  • ブランド
  • OS
    • Windows XP Pro
    • OSは別売りで購入した記憶 OS価格は2、3万だったような(高かった)
  • CPU
    • Core i7 i7-870?
    • 2.93 GHz:当時の平均的な価格は50000円ほど?
  • メモリ
    • 3GB(CORSAIR DIMM TR3X3G1333C9?):当時の平均的な価格は12000円ほど?
  • ストレージ
    • HDD 1TB:当時の平均的な価格は18000円ほど?
  • リムーバブルディスク(移動可能なディスク、円盤など)
    • DVD±R/±RW/RAM/+RDL:当時の平均的な価格は10000円ほど?
  • グラフィックボード
    • Radeon HD 4670:当時の平均的な価格は12000円ほど?
    • 1GB

2006年前後

通販サイトではじめてノートPCを購入する。購入した理由は学校用に使用するPCが使えなくなってきたため。価格は10万前後。

  • 評価
    • 良:初期不良があるということが勉強になった。ただそれ以降は問題ない。美しかったしコストパフォーマンスが非常に良かった。HPの印象・評価が非常に高くなった。
  • メーカー
    • HP
  • ブランド
    • compaq nx4820
  • OS
    • Windows XP Home
  • CPU
    • インテル® Pentium® M プロセッサ 740 (2MB L2キャッシュ、1.73 GHz、533MHz FSB)
  • メモリ
    • 256MB
  • ストレージ
    • HDD 40GB
  • リムーバブルディスク(移動可能なディスク、円盤など)
    • DVD±R/±RW/RAM/+RDL
  • グラフィックボード
    • オンボード
    • モバイル インテル® 915GM Express チップセット

2005年前後

最初に購入したPCが古くなってきたので、新しいデスクトップPCを購入。価格は16万前後。

  • 評価
    • 良:比較的安定したモデル。スリム型はホコリが溜まるところが難点なので、メンテナンスが必要
  • メーカー
    • NEC
  • ブランド
    • VALUESTAR L
  • OS
    • Windows XP Home
  • CPU
    • Celeron
    • 2.66GHz
  • メモリ
    • 512MB
  • ストレージ
    • HDD 160GB
  • リムーバブルディスク(移動可能なディスク、円盤など)
    • DVD±R/±RW/RAM/+RDL
  • グラフィックボード
    • オンボード

2003年前後

コンピュータの専門学校に通うことになり、授業に必要なノートPCを購入。20万前後。当時の言い方ではオールインワンと呼ばれる、持ち運びが可能で、デスクトップとの兼ね合いが可能なモデル。ノートとしては高スペックだったが、いかんせん携帯性が悪く、発熱が激しかった。

  • 評価
    • 悪:高スペックだったが、モバイルとしてはやはり向いていなかった、色々な面で勉強になった
  • メーカー
    • NEC
  • ブランド
    • Lavie C
  • OS
    • Windows XP Home Edition SP1
  • CPU
    • Mobile Pentium 4
    • 2GHz
  • メモリ
    • 128MB
  • ストレージ
    • HDD 40GBたしか
  • リムーバブルディスク(移動可能なディスク、円盤など)
    • DVD-RAM/RW
  • グラフィックボード
    • ATI MOBILITY RADEON 9000
    • 64MB

2000年前後

高校時代、はじめて購入してもらったPC。価格は20万を超えていたような。この時にはインターネットは使えて、常時接続だった。松阪ケーブルテレビだったので。月額4000円前後で、たしか8Mbpsだったか、10Mbpsが出てた気がする。

液晶付きのモデルで、当時はまだブラウン管のPCがあった頃だったので、非常に美しかった。10年たってもその頃に使っていた付属の液晶は問題なく動いていた。Windowsはたしか98、Officeは2000だった記憶。

  • 評価
    • 良:はじめてのPCだったのでなんともだが、ウィルスにかかってダメに、付属の液晶とハードの強さはやはりNEC何だという印象がついた
  • メーカー
    • NEC
  • ブランド
    • VALUESTAR(ValueStar NX?)
  • OS
    • Windows98
  • CPU
    • 800MHzとかだった気が
  • メモリ
    • 64MB、ひょっとしたら32MB?
  • ストレージ
    • たしかHDD 40GB
  • グラフィックボード
    • オンボード?