• このエントリーをはてなブックマークに追加

このアイデアについて

個人・SOHO・ノマド・2,3人で運営している会社などが共同で仕事を進める。

大きな会社には人員がたくさんいて、管理もしっかりしているため仕事のバランスをとったり、スケジューリングの調整が容易。また、技術の問題も多くは簡単に解決することが出来る。

小さな会社やフリーランス・SOHOなどは能力が高い人は良いが、そうではない人あるいは人手が足りないと行った人もいる。そういった人が共同で会社を興さないまででも、なにか共同体と行った形で、大きな会社のように振舞うことが出来るのであれば、本来自由に操業するといった目的、利益やリソースの確保、仕事の平均化を行うことが出来る。

問題点や疑問点

  • 同じやり方などに各会員が合わせられるかどうか
  • 会の方針に沿うことが出きるか

メリット

  • 利益を確保できる
  • 利益率を高く出来る
  • 一人ではないため、誰かが困っている時には、法的な手段や金銭的なトラブル等を解決できる可能性が上がる
  • 勉強会を開くことにより、新しい技術をそれぞれの会員が取り入れられる