• このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に出てからの出会いというものはなかなかできないもの。仕事柄外に出て行ってそつない人はそれほど苦労しないようなことかもしれないけれども、そうではなくつながりを増やしたいけれどもなかなか作れない人っていると思う。でも、多くの人はそれが普通。日々のことをこなしているのが精一杯。
でも、ほんの少しだけ今の手に入れられやすい環境以外で、出会いやつながりを増やす場合には同摺ればいいか、交流会や様々なイベントに参加して人と話す。そうすれば知り合いが増える。

知り合いが増えたというのはいいが、仲の良い社会に出てからの友だちが増えない。

日本人の多くは一度出会ったらそれで満足してしまったり、仕事で本当に助けてほしいとか困っていることや、楽しいことをしようという気がない限り、あなたにコンタクトを取りません。学生時代を思い出してみてください。友人と仲良くなっていって、親交を深めていくのは時間とタイミングとあなた・友人の縁があったから。きっかけといういみでは、休日や空いた日を使って交流すれば出会うきっかけって出来ます。そこからがムズカシイのですが・・・。

あなたに連絡を取らないわけ

単純に、あなたのことをわからない。とかあなたにどんな連絡を取ればいいのかわからないとかそういうのです。仲良くなっていくきっかけを少しでもあなたから作って相手にあなたのことを知ってもらわないといけません。

仲良くなっていくには?

もう一度、学生時代を思い出してください。仲良くなっていったのはどういう流れでしたか?その人のことを知って、あなたのことをその人に知ってもらってからだとおもいます。それを大人のやり方でやればいい。学生のノリが通じる人であればその人にはそうすればいい。
共通の趣味や考え方や、なにかあなたとその人と時間をシェアして楽しめるところを見つけましょう。そういう人がいなければ、また探しに行きます。