• このエントリーをはてなブックマークに追加

豚肉の小間肉を買ってくる。
フライパンを熱して、そこに投入する。

火が通りにくいので、かき混ぜながら炒めるか、蓋をすると蒸し焼きになって良い。

豚肉を炒める際にひっつくのが気になる

まずは油を引けばフライパンなどにひっつきにくくなる。

フライパンを熱して、豚肉を炒めるだけ。ひっつくのが困る人は、蓋を用意して、豚肉の水分を利用してひっつかないようにするということで解決可能。

豚肉は脂が多いため、蓋をしてみっぺいすることで、水分が蒸発して、蒸し焼き状態になる。適度に蒸気を逃してやることで、適度に焦げをつけられて香ばしい豚焼き肉ができるようになる。

調味料

塩コショウ(旨味成分入りの味塩胡椒など)

シンプルイズベストな味。

塩だけでもうまい。しかし、故障が入ることによって、豚肉の匂いを抑えられ、ピリッとした胡椒辛さがスパイスとなり、うまくなる。

醤油

醤油のみだと旨味が。好きな人は好き?

醤油特有の香りがフライパンの上で焦げることによって、香ばしさが倍増する。香ばしさを求めるならば醤油は重要。

塩コショウ + 醤油

塩コショウに香ばしさが加わってうまい。

塩コショウのみのシンプルな味もいいが、香りが少し欲しいときには、醤油を入れることで小おばしい香りを足し込むことができる。

塩コショウ + 醤油 + 生姜チューブ

香り付けすると旨い。

さわやかさとピリッとした味・香りが欲しい人にはもってこいの生姜チューブ。使いやすい。

塩コショウ + 醤油 + にんにくチューブ

最も香りが強いもの。

塩コショウだけではパンチが小さいと、感じるときにはにんにくを入れることにより強い香りと、旨味を引き出すことができるようになる。

塩コショウ + 醤油 + にんにくチューブ + しょうがチューブ

にんにくと生姜の量に注意する。

塩コショウ・醤油・にんにくチューブとさらにしょうがをくわえることで、醤油の香り・にんにくのパンチ・生姜の爽やかさで食欲をそそる味・香りとなる。すべて焦げたときにうまくなる。

岩塩

高いから、ある家だけ。

旨味成分が強い塩なので、量や塩の粒の量を調整しながら炒めるのが良さげ。

ナンプラー

魚醤のナンプラーを入れると、特有の香りがついてうまい。

付け合わせ

レタス

レタスを食べる。

キャベツ

キャベツを千切りにして、添える。
キャベツと一緒に炒める。もやしを入れるといいかも。

パクチー

爽やかな香り・もしくは独特の香りが特徴的な東南アジアでよく使われるハーブ。好きな人はこれがないと、と思えるような付け合せ。生でも、炒めたものでも、生でも。