• このエントリーをはてなブックマークに追加

いるんですよね。どこで名簿を手に入れたのか。いつ死亡したのかという情報を手に入れたのやら。

迷惑ですね。ベストタイミングでやってきているわけではなくて、一覧になっていて、その情報を元にして営業が回ってくるのだと思う。

どういった会社かというと

香典返しの会社はいわば、倉庫・仲介業的な会社で、それを専門に行っているところが多い。ギフト会社だと馴染みがまだありそうだが、このての会社はこういったタイミングでないと利用しないため異様に感じる。

店舗を持っている会社というわけでもなさそうなので、営業・段取り・手配を主に行っている会社だと思われる。

どう思われていそうか?

亡くなった人がいる中で困っている時には頼りになるという考えもできるが、タイミングが良すぎるので不快感を感じる人が多いとは思う。

ありがちな業態の経緯

香典返しの昔の方法は、こういった会社などに頼んで、1件1件返しに行っていたのだろうが、そう言った風習がなくなったため、会社側からアプローチを掛ける形式になってきているのだろうと推測。

これからはどうなるか?

これから先は、葬式や関連する慣例を簡素化したり、行わないことが多くなってくるため、こういった会社は業態を変化させるか、倒産すると言ったケースがますます多くなるとは思われる。