• このエントリーをはてなブックマークに追加

グレード順位

上から高級、下に行くに連れて低価格。記載のない安い酒はおそらく普通種。でも、普通種を日々楽しむのも良い。

  1. 純米大吟醸
  2. 大吟醸
  3. 純米吟醸
  4. 吟醸
  5. 特別純米
  6. 純米
  7. 特別本醸造
  8. 本醸造
  9. 普通・パック酒
名称原料精米歩合
純米大吟醸米、米麹50%以下
大吟醸米、米麹、醸造アルコール50%以下
純米吟醸米、米麹60%以下
吟醸米、米麹、醸造アルコール60%以下
特別純米米、米麹60%以下
純米米、米麹
特別本醸造米、米麹、醸造アルコール60%以下
本醸造米、米麹、醸造アルコール70%以下

純米大吟醸

精米歩合50%以下。精米歩合というのは、白米の表面をどれくらい磨いたか(削ったか)。中心部のほうが美味しく・高級。

大吟醸

精米歩合50%以下&アルコール添加

純米吟醸

精米歩合60%以下。

吟醸

精米歩合60%以下&アルコール添加

特別純米

精米歩合60%以下&特別な製造。

純米

比率は決まっていない。

特別本醸造

精米歩合60%以下&アルコール添加&特別な製造。

本醸造

精米歩合70%以下。普通酒・パック酒と比べて香味・光沢良好。

普通・パック酒

精米歩合は決まっていない&アルコール添加。大量生産。

お酒にまつわる言葉の意味・お話

グレード・種類・名称があるわけ

昔からあるやり方でこだわっていると、美味しいものができても、デリケートで腐敗したり風味がすぐに損なわれる。製造が安定していて、悪くなりにくく、安価な技法が出てきたため、グレードがいくつか別れた。

純米

お米、米麹のみで作られたお酒。米麹は身体に害のないカビ。

純米の記載のあるもの無いもの

純米の記載のあるものは、他の日本酒・焼酎などを加えていない。記載のないものは加えている。安定して製造できるのは後者。

生・火入れ

生酒というお酒があるが、冷蔵庫に保管する。開けたら早めに飲み切る。火入れされたお酒は生よりも市場に多く出回っている。

しぼりたて・秋にはひやおろし等があるらしい。お酒によっては旬というものを感じられるものも。

高ければたしかにうまいかも

数千円のものでも美味しいと感じるものや、数万円のものまで様々。数千円あたりの価格帯だと味の良さや好みにばらつきが出るために、多少高いお金を払っても失敗するといったケースも有る。

数万円払えばおそらくうまい。

数千円だとむずかしい。あきらかにパック入りのものは酔うためのもので、味が美味しいかというと、それで満足できればいいが、そういうわけではない。口が肥えているとそれも高くなってしまうが。

大吟醸ではなくても、美味しい酒があるので、それをみつけると大変いい。自分にあっている酒を見つけられるというのもいいかも。