• このエントリーをはてなブックマークに追加

冷蔵庫の中というのは、日々中身が変わっていく、奥にモノを放り込んでしまうため、取り出しにくくなり、そして消費期限切れとなるケースが多い。

できれば、ぱっと目につくようにモノを買い込まないのが大事。

冷蔵庫はドアを開けていると時間のムダだけでなく、電気ももったいない

  • 電気を節約
  • ドアを開けている時間を減らすことで時間短縮を試みる

色々なコツとしては、

  • 醤油や餃子などのタレは冷蔵庫に入れない、すぐ捨てる
  • どうしてもタレをのけておく場合は、ペン立てのような小分けできる箱を用意してそこに入れる
  • カテゴリーごとにまとめる

仕切りを入れる案

仕切りを入れることで、カテゴリーごとにまとめることができ、近いものからその目的のものをすぐに見つけられるようになる。

ラベルをつける

どこに何があるかというラベルを付ける。パット見わかりやすい。ただ、保存していたものが切れたときにはスペースができるため、なんだかもったいない気がする。あまりラベルを付けすぎると、新しく買ってきたものを入れるところがなくなってしまい困る。混在させてしまうと最悪なので、

  • どこに何があるか大まかに書く(カテゴリー名:醤油とかマヨネーズとか調味料とか)
  • 牛乳などを必ず飲むのなら牛乳として、飲料が気分で変わりやすい場合は、飲料としておくのがコツ