• このエントリーをはてなブックマークに追加

外部発注、相談していたものを内製化する

状況によっては、いままで忙しくて利益が出ていそう(と錯覚していた)ものが、 あまり変わらずといったことになる。

外部発注するのは、一時的にリソースが足りないときなどに行う、利益率の低いものを出すのが良い。

会社は、ある程度人数がいないと、安定しない

一部を除きではありますが、ある程度の人数がいないと安定しない。

急激に伸びていく会社

急激に伸びた会社で、安定方法を誤ったところは、降下が急激。 降下は致し方ないにしても、下げ止まらないような雰囲気のするところには寄り付かない方が良い。あなたが、改革家で、伸びしろや跳ね上がりを見通せるのならば、それはいいことだけど。 安定を求める際は、 小さな専門会社で力をつけて、大きな会社の一専門部門で働くのも手。

広報・Web部門などはこの様な傾向が出てきた。

お抱えのほうが、リソース確保が安定する。取り決めなどのややこしいことを交わす手間が省ける、言うことを聞いてもらえる。情報共有しやすいなど、メリットが大きい。   また、費用を抑えることもできる。
ただし、大手やそこに資金を裂ける企業だけ。
ハウスエージェンシーと呼ばれる同グループ企業と呼ばれれているみたい。代理店はエージェンシーだが、もちろん制作会社も。ハウスプロダクションと呼ばれるらしい。