• このエントリーをはてなブックマークに追加

commerce creatorのコツ

基本的には管理画面がCMSとなっていると考えると良い。そのため、HTMLなどはFTP上ではなく、管理画面にすべて設置する。

FTP上に設置するのは外部CSSやJavaScript等。

FTP

設置場所はドメインが異なるため、参照するURLは絶対URLで指定する。

画像

画像は、images/common/xxx.jpgやimages/index/xxx.jpgなどに設置する。

CSS

装飾を行うために使う。デフォルトのfutureshopのCSSに影響されるテーマをもとに構築していく時は、もともとのCSSを上書きしたり、リセットされていないところをうまくリセットして使う。

何も考えずに、marginやpaddingをリセットしたり、文字サイズを変更すると、レイアウトがイマイチなものとなるので注意する。

cssはcss/common.css、index.phpなどに設置すると良い。

JavaScript

スライダーなどを設置する時に使う。

FutureShop2のコツ

常時SSL申込みは行っておく。

画像

画像は、images/common/xxx.jpgやimages/index/xxx.jpgなどに設置する。

CSS

装飾を行うために使う。デフォルトのfutureshopのCSSに影響されるテーマをもとに構築していく時は、もともとのCSSを上書きしたり、リセットされていないところをうまくリセットして使う。

何も考えずに、marginやpaddingをリセットしたり、文字サイズを変更すると、レイアウトがイマイチなものとなるので注意する。

cssはcss/common.css、index.phpなどに設置すると良い。

JavaScript

スライダーなどを設置する時に使う。