ノートや筆記具は買いすぎないようにする

無駄にノートや筆記具を買っても、使わないことには意味がない。作ったメモも開かれなくなっては意味がない。使われてこそ情報というものは価値が上がる。

筆記用具が大好き

何をするわけではないが、筆記具があると、情報を整理整頓する環境が目に見えてわかるので、なんだかうれしくなるといったことも。パソコンは情報がデータという形でしっかり作成され、誰が作ったものも同じ形の文字になるため、情報共有や加工がしやすい。

代替案

勉強ためだったり、書き写しておきたいものがあったりするため数多くのノートを買って情報の整理整頓を試みようとしているが、結局のところノートを途中まで書いて、中途半端に使わなくなってしまっているという事が多い人は、ノートを買わないほうがいいかもしれない。

ノートに書くものがほんの少しならば、もう少しテーマが大きいもの・範囲の広いものにすると多少は良いかもしれないが、どれだけ書くのかわからないものは、白紙の多い大きなものになってしまう。ルーズリーフを買ったほうがいい。

ノートは日記や時系列で必要なもの、必ず授業で使うものに限る。ちょっとしたメモや豆ではない人は向いていないので、パソコンにデータを起こした方がいい。

とはいっても…

実際に手にとって、実際のものに記載できるというものは人間が今までずっと続けてきたものなので、ストレスなくメモしたり筆記することが出来るので、とっても優れているツール。タスクが終わったら捨ててしまいたいタスク、誰にも共有しない、残してもまったく価値のないものは筆記具やノートが良い。

また、実際のものとして残るということも大きなメリット。

タブレットなどがあるが、筆記感・感触がないうちはなかなか難しい。実際のものに触るというものはいいものなんだよなぁ。