• このエントリーをはてなブックマークに追加

畑・農地用地を家からクルマで行けるようなところに持つなら・・・ 畑・農地用地+土地で検索すればいい。 2500平方メートルで2500万とかで売っている。 だいたい10m x 25mくらい   1平方メートルに木を果樹1本で、2500本 3000円/1本なら、750万   土も必要 1000円/1本なら、100万   2500万 + 850万   ってところか 稲沢市、大垣市、日進市、大府市、あま市、蟹江町

稲沢市

最も名古屋に通勤する上では条件が良い街の一つ。スーパーが近くにないと困るという人からすると住みづらいが、JR稲沢駅周辺などは土地が多くありおすすめ。名鉄と違って、なぜJRなのかというと国府宮よりもさほど混まないことと、名古屋までの駅数が少ないため。名鉄は細かく駅が設定されているから、名古屋に到着するまでに時間が掛かるし、人も乗り降りして厄介。

JR稲沢駅ならば、稲沢→清須→枇杷島→名古屋と乗るだけ。たったこれだけで着く。こまめに電車が止まらないため、名古屋から離れていてもすぐに到着する。そして、こまめに人が乗らないため、乗車人数がやや少なくなる。

大垣市

岐阜県第二の都市。そこそこ大きな街だし、スーパーなどにも事欠かない。名古屋市や岐阜市からも離れているため、都市と年の間は田んぼや川になっていて、住みやすい。

大垣市は大都市圏と隣接しているわけではないため、市街地がどこまでも続いているわけではない。そのため、田舎の部分や、隣は空き地・田んぼといった土地を求めてすむという人にとっては住処をうまく探せるかもしれない。

JRにおいては、終電時間がこれだけ離れているのにもかかわらず、岐阜の大きな都市のひとつなので、遅くまで名古屋に残っていても帰ることができる。

日進市

名古屋市の東部は人気があるため、土地の価格が高く人口も多い。おしゃれなお店などもその為多いから、そういったことを重要視する人にとっては都。

大府市

車で旅行に行く人、電車で旅行する人も交通が整っているため、非常に便利な街。建物が多いため、騒がしいのが苦手、自然が大好きという人からすると住みにくいかも。

あま市

少し田舎。住みやすさは抜群だが、お店の数が限られることと、公共交通機関の少なさが気になる人からすると困る。

自然が多いところ、広い土地が好きな人はあま市がオススメ。

蟹江町

JR・近鉄と選ぶことが出来る。最寄駅が近いところに家を立てたり、アパートを借りれば、通勤の労力を抑えることが出来る。

蟹江町は、三重県方面に行くときは便利なところ。

重要視したいところ

  • 交通
  • インフラ
  • 買い物
  • 終電