• このエントリーをはてなブックマークに追加

新天地への憧れ

上京する、新しい地で働くのは、憧れがある時。夢を実現するためには特別な場所・都会に移り住むとき。

特に大きな理由がなくても、雰囲気や漠然とした都会へのあこがれや、新天地へのあこがれがあっても良い。ロハス的な発想も新しいところに憧れるという理由。

仕事を求めて・やりたい仕事のため

仕事を中心に考える。特殊な仕事を求めて別の場所に転居する。

多くは、このタイミングで移り住む。新しい職業・夢を叶えるために都心や反対に田舎もあるかもしれないが、特別な職業や給与の高いところでよりよい生活を得るためには、転居・移住ということを考える。

勉強・より良い教育を受けるため

特殊な勉強、あるいは高度な教育を受けるために近くに、通いやすい場所に転居する。

自分自身が勉強して、環境・生活の拠点をそちらに移した上で、学業・教育に集中できるようにする。人口が多いところや特別な教育が受けられるところは、移り住むに値するくらい価値が高い。

子供の教育や環境に合わせる

子供をよりよい教育機関で、勉強させるためにそれに合わせて移住する。

タイミングとしては子どもが大学に通い始めるタイミングや、就職するタイミングならば、環境を大きく変えて、心機一転そこを生活拠点とすることができる。親としても、そのタイミングで新たな生活の拠点を構築していけるので、このタイミングはポイントになる一つ。

交通の利便性

仕事、あるいは娯楽を考えた時に、今より利便性の高い場所を求めて転居する。

電車がない、駅が近くにない。高速道路がない。バス停が遠い。お店が少ないといったそういった現状の住まいで他と比べたときにがっかりなところを改善するため、より良い環境で住んで改善する時。交通の利便性が良くなると、生活のムダがなくなる。移動という時間がまいどまいど短縮できるようになるため、移動のために費やす人生のムダな時間を短縮でき、違ったところにあてることができる。

交通の利便性が悪いと、まいど何かを行うときに移動の金額がかかる。金額がかかるとそれだけ、駅や交通の拠点が効率的な人と比べると損失が大きい。

経済的理由

街が発展し、資産費用が上がり生活が困難になったとき、あるいは仕事にうまくつけなかったとき。

便利にはなったものの、生活の水準を上げていけるだけの余裕がなくなった時、あまりに都心になってしまったときには反対に田舎の方に移り住む事を考える。

身体的理由

肉体的に、あるいは精神的に体を壊した時に戻ってくる、新しい場所に転居する。自身の幸せ・健康は第一ではあるため、重要な要素ではある。

田舎が良ければそちらで静養しながら体調を通常に戻していく。都会に行くことで自己実現できること、マイノリティなことも受け入れてもらえるフィールドで幸せに、健康的に生きることができるようならば移り住んで、新しい気持ちでスタートさせる。