単純な通常の投稿のみのデータを移設する方法。
Movable Typeからエクスポート
WordPressでインポート
と単純にやることはこれだけ。
だけれども、いくつか問題がある。

件数が多いと処理できない

件数が多いときは、インポートデータを分割する。
MTのインポートファイルはわかりやすい。
各投稿の区切りが、「——–」ハイフン8つで区切られている。
そのため、一度にWordPressにインポートできないときは、ここを目印にして、
テキストエディタでカットしてあげればいい。
カットしたテキストファイルは別の新規で作成したtxtファイルに貼り付けてUTF-8で保存して、分割のどこの部分なのかということがわかるように、ファイル名をつけておいておく。

パーマリンクの設定

もし、URL形式が、/2000/10/post-xxx.htmlという形式ならば、パーマリンクを/yyyy/mm/post-name/としてあげれば良い。.htmlでもいいが、もうちょっとスマートにしたい。
重複することがないのであれば、/post-xxx/でもいいと思う。
この設定をすることで、

パーマリンクがハイフンからアンダーバーに変換されてエクスポートされる

パーマリンクがアンダーバーに変換されて、エクスポートされるため、
WordPress側で各投稿のパーマリンクを再現できるけど、ちょっとした文字が変わってしまっているので、.htaccessで「-」「_」にRewirteしてあげるか、データベースで一括書き換えをする必要がある。
インポート用のデータを置換するのもありだが、すでにインポートしてしまったときには、Search Regexのプラグインを使って、URLを書き換えればいい。

Movable TypeからWordPressに移設する際にパーマリンクを一括変換する

一括登録をしてしまったあとに、Search Regexのプラグインを使って、一括変換するのはかんたん。単に、「_」「-」としてあげればいいだけ。

.htaccess

パーマリンクの設定は完了しても、もとのファイルからのRewiteが行われていないと、いままでインデックスされたページから新しいURLに移動することができず、Not foundとなってしまう。そのため、一部書き換えを行って上げる必要がある。
※とにかくデータだけインポートできればいいし、特にそのあたり気にしない方ならば、新しいURLで動いてさえいれば動作上の問題はないかもしれないので、読み飛ばしてね。
もとのMovableTypeからWordPressのURLになったときに、URLの形式が違う点は主に以下の点。カテゴリー別日付アーカイブは無視しましょう。

  • パーマリンク
  • カテゴリー
  • 日付アーカイブ

投稿

パーマリンクは基本的に、インポートしたまま生成されるので、Search Regexのプラグインと組み合わせればあとで変換可能。
.htaccessで検索置換しないときは以下のようなコードが参考になるかも。
ハイフンをアンダーバーに変換する

例1)new_dirで、WordPressを公開するケース

RewriteRule ^(.)-(.).html$ /wp/$1_$2/ [R=301,L]

例2)wpで、WordPressを公開するケース

RewriteRule ^(.)-(.).html$ /wp/$1_$2/ [R=301,L]

例3)直下で、WordPressを公開するケース

RewriteRule ^(.)-(.).html$ /$1_$2/ [R=301,L]

設置場所は、
/mtのインストールされたフォルダ(index.html)のおいてあるフォルダ/.htaccess

カテゴリーのRerite

カテゴリーは.htaccessで書き換えておいたほうがいい。よくみかけるケースとして、cat1・cat2となっている。WordPressはこのカテゴリースラッグの間に/category/が付加される。
/category/xxx/とするためには、.htaccessに、記述する。
正直カテゴリーの数が10個とかなら個別にしたほうがいい。
自動的にcat1といったものを引き継ぎたいときは、/category/を付加するだけ。
catでアクセスされた場合は、/category/cat/にRewriteするだけ。

cat→/category/cat/

RewriteRule ^cat(\d+)/$ /new_dir/category/cat$1/ [R=301,L]

※単純にcat+数字のケースのみです

日付アーカイブのRewrite

 RewriteRule ^(\d+)/(\d+)/$ /new_dir/$1/$2/ [R=301,L]

さいごに

一括変換はうまくいかない場合があったり、データが大きいと分割すらも難しい時があるので、そういったときは専門の業者に任せるのがいいのかも。ある程度の大きさのファイルまでならば、こういった方法で自己責任ではあるが、可能である。

MT4.2からWP5.0系で確認。