三重県で軽自動車・普通車のタイヤ価格はどれくらいなのか?安くて買いなのかを判断

よくみかけるブランド。

  • ブリジストン
  • ダンロップ
  • ヨコハマタイヤ
  • KENDA
  • PIRELLI

税別、4本のタイヤのみの価格。取付費用などは含まない。価格例を表す。通常価格とセール価格等混ざっています。
セールや安価ブランドでさらに安くなるかも。

夏タイヤ

145/R12(6PR) 軽トラック・軽バンに使用されているもの。

  • 11800円 ヨコハマタイヤ RY52
  • 13800円 KENDA(取付込み)
  • 15800円 グッドイヤー、PIRELLI(取付込み)
  • 17800円 ブリジストン、ダンロップ、ヨコハマタイヤ(取付込み)

145/80R13 軽乗用車(インチが小さい)によく使用されているもの。

  • 15800円 KENDA(取付込み)
  • 18800円 グッドイヤー、PIRELLI(取付込み)
  • 21800円 ブリジストン、ダンロップ、ヨコハマタイヤ(取付込み)

145/55R14 軽乗用車(インチが大きめ)によく使用されているもの。

  • 16800円 KENDA(取付込み)
  • 23800円 グッドイヤー、PIRELLI(取付込み)
  • 28800円 ブリジストン、ダンロップ、ヨコハマタイヤ(取付込み)

175/65R14 コンパクトカーによく使用されているもの。

  • 19800円 KENDA(取付込み)
  • 25800円 グッドイヤー、PIRELLI(取付込み)
  • 28800円 ブリジストン、ダンロップ、ヨコハマタイヤ(取付込み)

195/65R15 普通車によく使用されているもの。

  • 22800円 KENDA(取付込み)
  • 30800円 グッドイヤー、PIRELLI(取付込み)
  • 35800円 ブリジストン、ダンロップ、ヨコハマタイヤ(取付込み)

235/45R17 スポーツカーなどに使用されているもの。

  • 50800円 トーヨータイヤ PROXES Sport
  • 83200円 ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003
  • 111500円 ダンロップ DIREZZA 03G
  • 116000円 ブリヂストン POTENZA RE050
  • 122000円  ヨコハマタイヤ ADVAN A050

冬タイヤ

145/R12 軽トラック・軽バンに使用されているもの。

  • 12800円 クムホ ウインターポートランCW61(ホイール無し)
  • 16000円 ブリジストン W300(ホイール無し)
  • 24800円 クムホ ウインターポートランCW61(ホイール付き)
  • 26800円 ブリジストン W300(ホイール付き)

145/80R13 軽乗用車(インチが小さい)によく使用されているもの。

  • 11960円 NANKANG ESSN-1(ホイール無し)
  • 24400円 ブリヂストン BLIZZAK VRX2(ホイール無し)
  • 24800円 オートバックス・ノーストレック(アルミホイール付き)

175/65R14 コンパクトカーによく使用されているもの。

  • 22800円 トーヨータイヤ GARIT G5(ホイール無し)
  • 32000円 グッドイヤー ICE NAVI 7(ホイール無し)
  • 52000円 ヨコハマタイヤ iceGUARD iG55(ホイール無し)

195/65R15 普通車によく使用されているもの。

  • 29200円 ダンロップ WINTER MAXX 01(ホイール無し)
  • 49200円 ブリヂストン BLIZZAK VRX2(ホイール無し)

225/45R17 スポーツカーなどに使用されているもの。

  • 59200円 トーヨータイヤ GARIT G5(ホイール無し)
  • 110600円 ブリヂストン BLIZZAK VRX2(ホイール無し)
  • 160000円 ヨコハマタイヤ ice GUARD TRIPLE Z・P・S(ホイール無し)

 

どこのメーカーか?

日本

安定した品質?

  • BRIDGESTONE(ブリヂストン)
  • DUNLOP(ダンロップ/住友ゴム工業)
  • YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ)
  • TOYOTIRE(トーヨータイヤ)

欧州・アメリカ

ブランド重視?

  • MICHELIN(ミシュラン) – フランス
  • Continental(コンチネンタル) – ドイツ
  • PIRELLI(ピレリ) – イタリア
  • GOODYEAR(グッドイヤー) – アメリカ

アジア他

安さ、バランス重視?

  • HANKOOK(ハンコック) – 韓国
  • KUMHO(クムホ) – 韓国
  • MAXXIS・Cheng Shin(マキシス・正新[チェンシン]) – 台湾
  • NANKANG(ナンカン) – 台湾
  • KENDA(ケンダ) – 台湾
  • CHAO-YANG(中策[チャオヤン]) – 中国

良さげなタイヤメーカーランキング?

  1. ブリヂストン
  2. ミシュラン
  3. グッドイヤー
  4. コンチネンタル
  5. ピレリ
  6. ダンロップ
  7. ハンコック
  8. ヨコハマタイヤ

タイヤの交換について

ディーラーや高くてもいい場合は良さげなタイミングで変えると良いかも。でも、なるべく価格を安く抑えたい。

タイヤの交換の前に何が必要なのかを考える。

組み換えの方法は2種類。

  1. ホイールはそのままで、タイヤの組み換えを行う
  2. ホイール付きのタイヤを交換する

タイヤの組み換えは1回あたりの料金が、ホイール付きのものを買うよりも安くすむが、(持ち込みで)何回も行っていると高くなる。夏タイヤ・冬タイヤの交換を行っている人は、安いホイール付きのものを用意しておいて、

  • ホイール付き夏タイヤ
  • ホイール付き冬タイヤ

の履き替えを行うとお得。

タイヤの交換を自分で行えば、かなり安く済む。ただ、バランスは行うのが難しいので、専門の業者に頼む。ガソリンスタンドに行ってみてもらうか、タイヤの交換時に頼むのが良いかも。