• このエントリーをはてなブックマークに追加

三重弁を話すエリア

主に三重弁、三重弁と呼ばれているのは人口の大半を抱える四日市・鈴鹿・津・松阪・伊勢など。

三重弁

三重弁と言うとどの地域も話し方はかなり違うが、三重弁と呼ばれるので、どの地域でも三重弁ではあるが、少数派・他県に近いところはあまり三重弁らしい三重弁とは認識されていない。しかし、それぞれ地域によって呼び方が分けられるので面白い。

伊勢弁(東近畿式方言)

主に桑名~二見・一部鳥羽あたりまで広く使われている三重弁。こちらを主に三重弁という。もとは京都弁の訛りらしい。関西弁のようなのは関西地方と交易が多く、関東方面は大きな川(木曽川・揖斐川・長良川)や伊勢湾があるため多く交易できなかったため。

その中でも、四日市や桑名は名古屋に近いためイントネーションが違ってきている・影響をうけつつある。名古屋も逆にこちらの発音の影響を受けている。

最も三重弁らしい、伊勢弁らしいのは真ん中の津市。

鈴鹿山脈よりも東側、青山高原よりも東側。奈良県の東吉野の高見付近から伊勢あたりまで。東名阪自動車道・伊勢自動車道を中心としたあたりが伊勢弁。

志摩弁

鳥羽・志摩・南伊勢町付近で話されている言葉。大きな山や峠のあるところを境に、三重県の南東部付近を海沿いに使われている方言。中でも伊勢弁に近いためあまり区別がつかない。大台の山や、鳥羽の湾を超えて伊勢の方になかなか交易に訪れることがなかったためか、和歌山や淡路島などの言葉の影響が強いらしい。

三重弁の例

かんぴんたん

かんぴんたんという言葉を普段余り使うことはない。乾き物の意味ではあるのだが、ミミズや変えるか干からびて死骸になったものを指すシーンが子供のときには多く、大人になっても使わないので、県民なら知っているが、それほど会話の中では使われない。

ささって

標準だと、明日・明後日・明々後日となるが、あした・あさって・ささって・しあさってと呼ぶ人もいる。外に出た三重県人や三重県特有の言い回しと知っている人でない人が陥る大きな問題で、

他所の人と約束したときに1日ずれてしまう。約束は主に何日やんな?って確認するので、大きな問題にならないのかもしれないが、一部の人は衝撃の問題。

伊賀弁

伊賀、名張周辺で話される言葉。青山高原よりも西側、奈良より。奈良県と同じか似た発音。とはいえ、津と近いことから、三重弁・伊勢弁の影響も大きく受けるようになっている。

紀州弁

尾鷲・紀北・大紀などで話される。周りを山に囲まれており、熊野三山を中心にした古くからある言葉・イントネーションを使っていたためこの地域は特徴がある。

名古屋弁・尾張弁

名古屋、尾張出身者が話す言葉。愛知県は隣なので、観光以外でも四日市や桑名などでも聞かれるようになってきている。川を挟んで向こう側:木曽岬町は三重県。干拓を行ったのが三重県なので、三重県の管理下となっているが、岸は向こう側なので、弥富や蟹江などの尾張弁を話す。また、桑名市長島町も川を挟んで真ん中なので、名古屋弁に近い。