• このエントリーをはてなブックマークに追加

労働時間が減る

労働時間のチェックが厳しくなると、企業側の束縛時間が短くなり、新しいアイデアや効率化が図れるようになるかも。

時間内労働成果の要求

いままでは、ゆっくり着実にやっていた仕事が認められなくなり、早く確実に数をこなすというプレッシャーが掛かり、時間内に終わらせるという要求が強くなっていく。

時間内実現能力の評価

比べることができる仕事内容であれば、その時間内でより多くのことを実現させられたら評価が高くなる。しかし、遅いが難しい問題を解決できる人や、難しい問題は解決できないが、カンタンな問題は普通の人よりも多くこなすことができて確実といったところで、人によって違いが現れる。総合的にみて会社にどれくらい貢献できているかということを評価できる仕組みがあればいいが、なかなか新しい仕事が生まれてくる中では難しい。

工夫・改善の評価

単調労働では時間や生産数で評価されるが、工夫・改善によって会社が大きく利益を得ることができるときは、特別な評価をもうけておいたほうがいいかもしれない。

どこで何をしているかチェックされるようになる

企業にとってか労働者にとってか、どちらも良いか悪いかはわかれるが、
どこで何をしているのか、労働をしているのかどうかをチェックするようになると、ある部分におけるプライバシーを引き換えに労働時間の人権が守られる。

機械以上に求められる部分

機械で十分と言われる部分が多くなってきて、人がそこを担う必要がなくなってくると、人間ができることというものが高いレベル・早い時間で要求される。

プレッシャーと時間短縮社会

時間短縮が求められ、8時間で終わらせなければいけなかったところを6時間だったり、5時間だったりと、未時間時間内で済ませなければいけなくなってくる。
そうすると時間の使い方・働く時間がすべての社員が一定だとそれはそれで働きづらくなる。
早く終わらせる人は評価するのは良いし、早く帰ることができるのはいいが、
例えば、人によって労働時間の選択ができるようにして、早く切り上げたい人はぱっと終わらせてできるようにする。流石に、だらだらと残業をするような人は厳しくしなければいけなくなるか、その人ができる範囲のことに会社が柔軟に対応する。

通勤しないという工夫

通勤時間は人によっては往復合わせて1時間、2時間、もっと長い人は片道1時間30分だと、3時間時間を取られてしまう。そんなに遠いところに通勤しなくてもという厳しい意見もあるだろうが、今勤めているのは必死なので、そうもいってられない。しかし、理想的には通勤時間はゼロにしたいところ。3時間だった人が、ゼロになるのならば、束縛時間がそれだけ短くなる。自由に他の時間に回すことができる。

短時間社員制・副業可能社会

短時間になると、企業によっては賃金を支払えなくなる可能性も出てくる。そうなると、社員への給与・賃金額は小さくなる。一日5時間以上同じ場所で働いてはいけないという、法律が例えば施工されると、企業はおそらく賃金を減らすと思う。
その金額で生活できればいいが、そうではない人も出てくるようになる。そうなると、副業という選択肢を考えなければいけない。労働の超過は強制されるべきではないが、トータルの労働時間までも労働者に矯正するというのもおかしな話ではある。働いて忙しくして、稼ぎたいという人の欲求を満たせる社会もあってもいい。
例として、社内の超過時間で、副業として認めるならば今までとは変わらないが、それはそれで選択肢を与えておいたほうがいいのかもしれない。

機械・ロボット・コンピュータの資産を早い段階で手に入れておく

機械化・コンピュータ化されるのは間違いなくわかっているので、自分の仕事や資産が目減りするまえに資産として、リスク回避としてこれらの自動化ツールを自分の資産として持っておくのも一つの案かも。ただ、先見の明が必要となる。

新しい仕事

今まで同じ方法で、社会に必要されなくなったり、機械化で人が必要なるということは多くなるが、その分新しい仕事が生まれる。人間にしかできない作業は減るが、人間にしかできない表現といったものは価値が高まるし可能性もどんどん増えてくる。
昔ではあまり考えられなかったが、芸能人となることをサラリーマンのような仕事として当たり前に考えるだとか、スポーツを生業にしたり、失敗するという人間の欠点をあえて機械とは違った形で表現できるということで仕事にできることも。未来のことはわからないが、想像できなかった仕事が生まれるのかも。