MediaWikiのSEO設定・サイトの検索エンジン用設定を行いより解析しやすいサイトにする方法

長いことMediaWikiのサイトを見てきたが、やはり構造が悪い?重い?ためかアクセスが伸びないCMSだ。SEOとしてはどうもいまいち。みんなで編集可能でサイトを共同制作していけること、リンクを用意に貼ることができてとても素晴らしいCMSであるだけに残念。相当に良いサーバーを借りるか、利用者が多くコンテンツもどんどん増えていかない限りはアクセスが見込めないらしい。

とはいっても諦めても仕方ないので、やれることをやってみる。

/robots.txt

robots.txtファイルをMediaWikiのインストールされたフォルダに設置する。これは、直下でMediaWikiが表示されるサイトの例。

User-agent: *
Disallow: /index.php?diff=
Disallow: /index.php?oldid=
Disallow: /index.php?title=Help
Disallow: /index.php?title=Image
Disallow: /index.php?title=MediaWiki
Disallow: /index.php?title=Special:
Disallow: /index.php?title=Template
Disallow: /skins/

sitemap.xmlの生成

自動で生成可能なサービスが存在しますが、使ってみたところ。もともとnoindexとメタタグに表示されるページも含まれてスキャンされれる恐れがあるため、404エラーなどが発生し厄介。自動生成できるエクステンションがあればよかったですが、どうも更新されているエクステンションや有用なコードが見つからず。手動で作成するか、PHPなので、データベースよりデータを抽出したものをsitemap.xmlファイルとして書き出す機能を作ったり準備する必要がありそう。

URLの書き換え・.htaccessの設定

こちらは検索すれば様々な解決方法が出てきます。それらの方法に沿っていけば、https://example.com/ページ名といったアクセスが可能に。この型式のほうが短く検索エンジンにとっても情報収集しやすいページとなるはず。

Google Analytics

エクステンションズにインストールすればGoogle Analyticsを設定できる。