• このエントリーをはてなブックマークに追加

MediaWikiをインストールしたフォルダの直下にはLocalSettings.phpというファイルがあります。

デフォルトのLocalSettings.phpには動作するURL、サイト名称などが設定されています。

  • システムの動作する位置の指定
  • ユーザーの追加・編集・権限など
  • 管理者メールアドレス
  • データベース接続設定情報
  • 使用するスキンの情報
  • Extensions(拡張機能・プラグイン)の記述

このファイルはインストール時に生成され、ブラウザからダウンロードされます。このファイルをインストールしたフォルダの直下に設置すればインストールが完了します。このファイルはアップロードしたら編集できないというわけではなく、できるだけ早い段階で設定できることはしておいたほうが良いものの、後ほどでも変更することが可能。

システムの設定方法

LocalSettings.phpを開いて、そのファイルにカスタマイズしたい設定・関数を追記することで、MediaWikiの動作を変更することが出来る。

PHPで作成されたファイルなので、PHPの文法に合わせて記述する。間違いがあると、システムがうまく動作せずに、エラーとなる。

使用するソフトウェア

FTP(ファイル転送ソフト)を使ってサイトのファイルを上書きなど行うのはWebサイトを作ったことがある人なら経験したこともあるはず。LocalSettings.phpを編集する時はPHPを編集できるテキストエディタなどを使って編集する。このときに注意しておきたいのは、

  • UTF-8対応

この1点だけは抑えておく。文字コードが変わると、文字化けしてしまう。

PHP、UTF-8の文字コードに対応しているのは、

  • Dreamweaver
  • 秀丸エディタ
  • サクラエディタ
  • TeraPad

等。他にも様々なテキストエディタがあります。

変数や関数

$wgSitename = “サイト名”;

といった記述が見受けられるが、デフォルトでは、titleタグに表示されるサイト名が入る。

$wgCapitalLinks = false;

といった記述はもともと入っていない。この設定がfalseと明記されていない時はtrueとして処理される。具体的にどうなるのかというと、作成したページのタイトルに使用される名称が大文字となる。日本語はほとんど影響ないところだが、最初は小文字にしたいといったケース、同じアルファベットでも最初が小文字であることと大文字であることを区別する必要がある時は、勝手に変換されてしまうと困る。そこで、ここにfalseを記述してその変換が行われないようにする。

LocalSettigns.phpに追記して独自の拡張・カスタマイズを行う

例えば、デフォルトのままではURLはindex.phpとなっているため、.htaccessとこのLocalSettings.phpの組み合わせでアクセスしてきたURLのパラメータをうまく引き渡して、そのページを表示させる設定を行います。

LocalSettings.phpで使用できる変数や関数:https://yoiho.net/mediawiki-localsettings-php/