MediaWikiを使ってどういったサイトを構築することができるのか?

MediaWikiを使って作成することができるサイトは事典型・情報配信型・共同編集型サイト。時系列でページを見ることができるものや最新の投稿などを表示する機能はあまり備わっていないため、ページそのものの編集が容易に行えるものが向いている。

わかり易い例として、

  • ゲームの攻略サイト
  • 建物案内サイト
  • エリア情報
  • コードの解説・プログラミングサイト
  • 専門用語サイト
  • 解説サイト
  • 商品やサービス紹介サイト

といった、時系列ではないそのページを作成したら、後から編集したり加筆することに特化した、必要性を求められるサイトが多い。そういったサイトが向いている。一人で編集するよりも共同で編集することもサイトの成長にかかせない原動力となるため、こういったサイトを考えた時には、MediaWikiを選択すると良いかもしれない。

時系列の情報に特化したブログ型CMSは、それぞれのページを全く違った読み物やニュース・最新情報として誰かに紹介することに向いている。決まったテーマに沿って解説する時にはページ間のリンクを貼ることが煩わしいものが多いため、MediaWikiはそういった特化型の情報配信・共同編集型サイトとして良いパフォーマンスを発揮する。

MediaWikiとは

オープンソース(GPL)で配布されているのため、誰でもMediaWikiのダウンロードページから保存して無料で使用可能。

MediaWikiというのはPHP/MySQLの使用できるサーバーと、それらを扱う知識がほんの少しでもあればインストールして、サイト構築ができるCMSツール・ソフト。Wikipediaのように誰でも共同で編集できるように、サイトを構築することが可能。誰でも編集できるが、設定で自分だけ編集できるようにする、誰も新規アカウント登録できなくしたり、あるいは一部アカウントに関する扱いを変更することも可能。サイトの都合に合わせて構築していける。

確認しておきたい2つの用語

  • PHP – 自動的に処理を行うスクリプト・プログラム言語、PHPの決まりに沿って記述する
  • MySQL – 文字などのデータを入れるサーバーそのもの、MySQLの決まりに沿って記述する

2つの構築に必要なものを元に一からシステムを作り上げるということは面倒。既にWebサイトを構築する、あるいはどういったサイトにするかがはっきり決まっている場合には、そうった仕組みが簡単に実現できるものが欲しい。それがCMS。インストールは全てが簡単ですんなりイカないことも多少あるが、一から作り上げることを考えたら相当にWebサイトを構築する敷居というのは低い。
MediaWikiに限らずどのCMSでも、初期設定や前準備をより短い時間で実現することを目的としている。

そもそもCMSはページを容易に生成していけるというところがまずは大きな役割であって、導入を検討する・試してみたいと思わせるポイント。そのため、あなたの今から実現したいサイトがその試そうとしているCMSにマッチしているかどうかを考えた上で導入するのが良い。

MediaWikiの特徴・選択する理由

  • Wiki文法を使って効率的なページ作成
  • 管理画面が無く、節ごとに編集可能
  • 誰がどこを編集したのかを追える
  • アクセス負荷に強い

ページ間のリンクを設定しやすいこと。カテゴリ設定がしやすいこと。HTMLよりもキーボードで簡潔にマークアップすることができるWiki文法と呼ばれる記述式が機能としてあることが大きな特徴。<h1>タグであったり<ul><li>といったリストなどは簡単な半角の記号で簡単に記述できる。リンクも記号を簡単に使って、設定できる。レイアウトはあまり自由が効かないのが正直なところではあるが、コンテンツをほぼ縦方向にレイアウトするだけで、テキストを見出し・段落・リストなどでマークアップするのはもっとも簡単で早い。

管理画面がない。デメリットではあるが、編集やプレビューを表示しているページ内で行うようなイメージなので、ログインをあまり意識せずにページ生成する・編集することができる。編集メニューが常にページのコンテンツ部分にあること、節ごとに編集できるのがメリット

ほぼ出来上がったページに誤りがないかどうかをチェックする人が多いため、気にならないかもしれないが、万が一誰かが誤った編集を行ったとしても、もとに戻したり、前どういったページだったかを比較することができる。

アクセスが多くても、耐える処理能力を持っている。コンテンツの多いページだともたつくことがあるが、同時にアクセスされてもうまく処理できるように設計されている。時系列型のCMSはチューニングしないとここのところが弱いため、コンテンツが増えてくるともたつきが出てくる。

MediaWikiを準備しなければいけないのか?

pukiwikiやそれに類似したWiki文法でコンテンツを作成することができるサービスもある。MediaWikiは自前でサーバーにインストールして構築していくものなので、自分の思ったものにカスタマイズし放題にはなるが、反面それでも今すぐに始めたいという人にとっては前段階に時間が掛かるし億劫。無料のブログサービスと同じ様にアカウント登録さえ済ませて、サイトの必要な情報だけ入力して、インストール作業の無いサービスを選択することも一つの選択肢としては賢い。

メリットとしては、コミュニティがありアクセスが早い段階から見込める可能性がある。同じテーマに沿ってサイトが作られるとそちらに人が集まってしまうため、サイトがなかなか成長せずにモチベーションも下がってしまう。早い段階でりりイースするというのは大きなメリット。

デメリットもある、サービスが終了した時にはバックアップが取れなかったり移設できないとそのまま今まで作ったデータが無くなってしまう。それが大きなデメリット。もう一つはカスタマイズできないこと。これはMediaWikiに関してはあまり追加機能を求めないので大きなデメリトットとはならないかもしれないが。

拡張することはない?

拡張したい時はプラグインがほしいところ。プラグインという言い方ではなく、extensionと呼ばれる同じ意味の拡張機能が備わっている。OGPを設定したい、Youtubeを簡単にWiki文法で差し込めるようにしたい、パンくずリストを実現したいなど。

表示のカスタマイズ

このページでは詳しく説明しないが、スキンという他のCMSで呼ばれているテンプレート・テーマに近い表示のファイル・フォルダがあり、そこを編集・新しく作成して読み込めるようにして、カスタマイズすることができる。MediaWikiのスキンは主に1つのファイルにモジュールが読み込まれて表示される仕組みなので、カテゴリ・ページの種類によってテンプレートのファイルが1つずつ設定されていない。そのため細かく分岐させる必要があるため、ページごとに見た目を変更するレイアウトには少々不向き。これはデフォルトのVectorスキンの話。

しかし、配布されているスキンがある。それを利用するとMediaWikiも違った形にカスタマイズできるかもしれない。Wiki文法を活かしながら、違った使い方やあなたの実現したいサイトの管理方法に変更できるかも。

最適なCMSの選択

シェアが高いCMSを選択するのは、一つ大きなメリット。多くの最新情報が手に入り、カスタマイズも非常にしやすい。多くの情報がないとそのサイトをカスタマイズすることが困難なので、結果としてそのCMSを導入することにより本来期待していたページを容易に生成していけるというポイントが失われる。
WordPress等はこれがメリットとなる。

安定しているCMS。安定していると一言に言っても様々な側面が考えられる。開発が順調に進んでいて、活発なCMSもあれでそうでないものも。そうでないものの中には、機能が既に完成しきっていて追加するものが特に無いものもある。
MediaWikiは機能がある意味で完成しきっている麺があるため、安定しているというところでは導入するメリットだと言うことがはっきりと言える。

ブログ型か辞典型か検索型かなど様々なサイトの形式がある。それぞれのコンテンツに合わせて、目的のページにたどり着ける・ページの内容を比較しやすいあるいは回遊性が高いかといったことを考える。

簡単に考えると例えば、

  • 日々の思ったことを綴りたい
  • 試したことを配信したい
  • 新しいネタを披露したい

といったことはほぼ、時系列型のブログにしたほうが管理しやすい。

時系列型とは違って、例えば辞典型のCMSは、それぞれのページへのリンクが設定しやすい、ページの編集が容易なCMSを選択すると良い。