松阪鶏焼き肉という文化があります。甘辛い味噌ダレのかかった鶏肉をガスコンロの上の網で焼くというスタイル。

お店でお肉を楽しむのもいいですが、持ち帰って家で焼き肉を行うというのも楽しい。家で楽しむために注文するときの手順などをある程度順序立て、うまくスムーズに注文できるようにするためのカンペを用意しました。

流れ

予約するパターンと、店頭に行って注文するパターンがあるがほとんどのお店はお肉が準備してあるというわけではないので、メニューを見ることができない状態で準備しておいてもらうという流れになる。

予約のパターン

  1. 何時にお肉を取りにいけるかを決めておく
  2. どれくらいの量が必要かを決めておく:一人250g食べることができるので、2人前(150g×2)あたりが妥当
    ※グラム単位のお店もある
  3. 電話をかける
  4. ●●を××グラム、●●を××グラムと伝える
  5. 何時に取りにいけるかを伝える

予約の時間に取りに行く時

  1. 予定していた時間にお店に向かう
  2. 頼んでいたものを確認する
  3. お金を払う
  4. お肉を受け取る

予約していないパターン

  1. お店に向かう
  2. 注文するお肉を伝える
  3. タレを付けるかどうか伝える:お肉とちょうどいい量に合わせてほしいと伝えると必要な量だけのタレを付けてくれる
  4. お金を払う
  5. お肉を受け取る

一般的なお肉の種類

  • 若鶏
  • ひね鶏(老鶏)
  • ハラミ
  • キモ
  • 砂肝

他、軟骨などがあることも