• このエントリーをはてなブックマークに追加

いまだに、まとめサイトというのは情報がどんどん増えて(問題やら何やらが)埋もれているから、あまり目立っていなかったが、あまり良い印象は持たれていない。

ここでいう、まとめサイトというのは、

  • キュレーションサイト
  • まとめサイト
  • アンテナサイト
  • まとめまとめさいと
  • 参照サイト
  • 転載サイト

のこと。

何が起きた?

今回大々的に報じられるようになったのは、ニュースサイトで盛り上がったのは?

  1. とあるサイトで、前から怒っていた問題がでかくなり炎上した
  2. そのサイトの医療情報の信憑性が疑われた
  3. そのサイトには数多くの転載が確認された
  4. そのサイトは大手メディア/コンテンツ制作サイトだった
  5. その後、今までイライラしていたライターさんがここぞとばかりに乗っかってきた
  6. まとめサイトってもとからパクリサイトだの何だのといわれていたがまた世間の目が悪くなってきた

こんな感じの流れ。他にも色々なところに派生して、盛り上がっているのではないかと思う。

いうなれば、このタイミングでこのページを書いている自分も悪い乗り方をしているのでしょうが、お題を書く気がある時に書いておいたほうが効率的なので、書いておくことにするのですが・・・。

まとめの歴史

ここまでのまとめサイト文化をおって考える。ニュースサイトではないので、勝手なことを書くけれど、ホンネでは言えないことも踏まえて、次のような感じだと思う。

  1. 大型掲示板などのニッチだけれどもやはりホンネが書かれていたり、あるいは有用な内容がはいったものがあるが、それらをお題ごとに読みやすくまとめたものを作るようになった
  2. 時代が変化して、様々なCMSが登場。MediaWikiがリリースされていたので、知識のある人が、まとめWikiを作った
  3. まとめWikiを作るのって難しく敷居が高い、同時期に登場していたブログが着目されて、まとめブログが登場
  4. 一部のまとめブログがものすごいアクセス数を稼ぐようになる
  5. 当時もアフィサイトとか揶揄されてた
  6. 悪乗りしすぎて、某掲示板でネタになった
  7. まとめブログも、ASPを使ったものが多かったが、WordPressが進化して導入しやすく、構築方法が共有され、いままでシステムを組めなかった人もアイデア次第でこういったサイトを運営できるように
  8. 敷居の低さ、(成功した人は)モチベーションが上がりさらにサイトをたくさん作る
  9. スマホの登場で、SNSがたくさん出てきてシェアされるようになる
  10. まとめのまとめなんてものが生まれる
  11. このころにまとめを作成できるサイトが生まれ始める
  12. アンテナサイトやら相互リンクやらが生まれ、サイトやページも凄まじい勢いで増える
  13. 各まとめサイトがスマホに対応し始める、まとめブログをまとめたアプリが登場
  14. 検索すると、CMSで構築されたサイトばかりが出てくるようになる
  15. この頃には、問題視されたていた著作権やら倫理なんて言うものは、サイトや絶対的なページに埋もれて、一部は法的対処などをうけていただろうが、増える一方
  16. 企業がまとめサイトを運営し始めるようになってから、バイラルメディアなんていわれはじめる
  17. まとめやメディアを織り交ぜたスマホのアプリなどが爆発的にヒットする
  18. それらはニュースアプリなどと呼ばれ、会社が大きくなる
  19. 今まで、Web関連メディア運営をしていたサイトが、テーマを絞り込んだまとめサイトを運営するようになる
  20. テーマ特化型のまとめサイトが検索に引っかかるようになる
  21. 医療系のまとめがよく引っかかり問題が大きくなる
  22. ニュースで取り上げられて、とある会社の偉いさんが謝罪することに

といった流れ。アクセスアップ・SEOに力を注いで、スピード重視したために問題があからさまになり、いってしまえばここまでなら大丈夫だろうというところが、流石にまずかったのだろうと思う。

気持ち悪いとまで思える人のアイデア・大企業のやること

企業は利益を出すためにあるので、当然でくろーいところも問題にならないのであれば、続けます。今回やっていて、気持ち悪いと思ったこと。

以下のことをやっていたみたいだ。パクっていたとかっていうのは、周知のことだが、それ以上に、

  • (優秀な、頭のいい)大学生を使って、まとめさせる
  • 効率的にマニュアルを用意してどんどん記事を作らせる

気持ち悪いと入ったけれども、徹底的に、有用なコンテンツを効率的に増やすのであれば突き詰めるとこうなるな。どんどんその事業を伸ばしていって、会社をさらに大きくしたいのだし。また、担当が自信の評価を上げるためにそうするので。

  1. 最初は有名サイトのコンテンツを転載してた
  2. 禁止されたから別の類似サイトから転載した
  3. 検索に引っかかればいいから、とにかく関連コンテンツをまとめまくった

こういうことを、日夜繰り返している集団がどこかの場所にあって、そこで作業している人がいた。すごいな・・・。お金や行動力がないと、なかなかできない。人間を使ったまとめ記事・キュレーション工場。怖い。

キュレーション工場

キュレーション工場なるものは、すごと思う反面・気持ち悪いとも思ってしまった。羨ましいも含まれるし。いやぁ、人のすることって怖い。
普通の

そもそもまとめは悪なのか?

ハッキリ言うと、悪ではない。個人的にはいいものもあるから、どんどん増えていって欲しい。

今回の件

  • コンテンツをかってに盗まれると嫌な人がいること
  • 法律に抵触するようなことを平気で大手がやってしまっていたこと
  • 派生して、いままで埋もれていた(いわば違法な)サイトに対する目が再度、厳しくなってきた

ということ。他にもあるのかもしれないけれども、おおよそこのあたり。

ライターさんが怒るのも当然!

売れていない、ライターさんはかわいそうであり、被害を被ったライターさんも権利を主張するのは当然。売れているライターさんも、ものすごい大変な思いをしてコンテンツを作っているのかもしれない。
書くことで食っているのだから怒る。
なによりもライターという仕事が軽視されているということに、非常に大きな怒りを感じている人もいる。

新しいWebとコンテンツ

あたらしいアイデアとして、簡単にWebコンテンツを作成できるものが日夜生まれてきている。
そのシステム自体は非常に素晴らしいもので、’楽してコンテンツを生成している’というわけでもない。システムを作るのにも大変な労力がいるし、記事を書くためのシステムって大変。システム自体は悪ではない、そこに働いてしまった悪い空気感や取り巻いているなにかが、おかしいんだと思う。

気になるところがある。

参照はWebで当たり前のことで、おかしくない。リンクフリーなんて言うものは存在しない。そこから無断で画像を引っ張ってきているのが、ダメだとかそういうの。コンテンツをコピーして、自分のサイトに吸い込んでいるのがダメってこと。

誰でも気軽に記事を書くことができるようになった世界が憎いという人がいるならば、それは流石に間違っているし、そういう人は嫌いだ。

キュレーションが盗作したものなら、ダメなのだろうが、それを紹介・あるいは本来Web上である機能の参照ならば、そんなものは、

検索サイトは許されるのか?

そう、許されていますよね。検索サイトは許されている。

Webとは

入口になるところは許すんですよね。Webの始まりは許される。ここもおかしなところで、既得権益となっているところが嫌だ、これはWebじゃない気がする。Webって、犯罪やら人に迷惑をかけてはいけないものなのだろうけれども(そうであっては欲しくは、ないものだけど)、新しいことを生み出すために、なにかぶつかって問題が起きながらも変化してきているもの。Webってそういうものだと思う。

もし仮に、コンテンツ作成者にメリットが有るのであれば、盗まれることでいいことになるのであれば、利益になるのであればどんどんやっていったほうがいいと思う。

お作法を守りすぎた職業はもったいない

個人的にはWeb制作に関わるものなので、様々なアイデアをぱっと止めてしまう危険性もあるので、そのあたりはどうかなと思う。
悪い部分もあるが、様々な(言い方が悪いが、パクリ)サイトもどんどん出てきていいと思う。いや、大手検索エンジンサイトはそもそもパクリですやん・・・。そこ考えてえな。あの人達が一番稼いでるんよ・・・、人間の作った創作物をキーワードという形でまとめているんだもの。広告で収入得てるのよ・・・?

それを叩け無いのって、自分の運営しているサイトにアクセスしてきてもらうきっかけを検索結果と言うかたちで、恩恵受けてるからですよね?

本当は、形は違えど、それと同じことをしている小者を叩いてるの。

何がいいたいかというと

まとめサイトは無断転載・盗作など横行しているが、
そのアイデアそのものが生まれてきたのって、
悪い言い方をすると、そのサイトやそのページの内容が読みづらいから。
だから読みやすいようにまとめいている。

まとまっている記事は非常に読みやすい。

自分の価値観や見方

何がいいたかったのかというと、

  • 転載されることで知名度がある
  • 個人的なシェアは良くて、まとめサイトに勝手に載せられるのがダメなのかということ
    • 自分個人的には、自分のページのアクセスが増えて、喜んで貰える人がいるのであれば、色々な形でシェアしてもらえるのが良い
  • サーバーに負荷がかからないのであれば、リソースは利用してもらい、アクセスが伸びてくれるとむしろありがたいのである

まとめサイトは、個々のコンテンツにはオリジナリティはないものの、やはり、検索したり・スクレイピングしてまとめられたそのクリップには価値があると言えるし、これがもっとより良いものになっていくのであれば、どんどん増えていって欲しい。目に止まらなかった1辺が、そちらにリンクして、アクセスされるのはいいことではあるので。

乱暴であるが、面白いWeb地点からの観測

乱暴な話、より良くなるのであれば、盗まれることや利用されることを許容した方がいい。
いやなら別のメディアで表現すりゃいい。造形ならいまんところコピーされんだろう。しかしそれでやっていけるか?というと、難しい。だから、大手のサイトとかで書いたらいいと思う。

大手のニュースサイトに書いていた人は自分やまわりのWebの協力者と一緒にメディアを作り上げているのだから、その人は主張できる立場出逢って、そういうフィールドで書けない人や、アイデアを出して、Web系の人とタッグを組んでオモロイことを実現できない人は、文句はいっちゃダメだと思う。

例えばの案として、自分たちで、自分たちのまとめなどを作っちゃえばいい、まとめられる前に。

  • Webって参照されてなんぼ
  • 参照されたくないのであれば会員制にする
  • 創作すること以外に食っていくことに頭を絞れ

思ったのだけれども、まとめ記事に使われるコンテンツってスゴイのよ。同じ職業でも、いらない内容ならまとめないんだから。

よく見かける必要としないような、記事ばっかり検索に出るなぁ・・・という人へ

よく見かける、日記やら何にもならないようなページ、引っかかります。自分もそう。引っかかってイラっとはする・・・。

腹立ったならば、それに関する記事を書けばいいのです。そのキーワードに関する記事ではあなたの記事が評価されるはず。気持ちはわかります。

Webの発展のため、未来のことを考えると

  • ただし、丸パクリは、偽サイトやらそれだけで利益をとったり、盗みやなりすましサイトみたいなことをされると嫌なので、自分が迷惑にならない範囲でなら大いに結構です
  • 画像の参照などはアクセスアップにつながるんなら、いいよ
  • サーバーに負荷がかかるのならば、ダウンロードしてリンクを貼ってもらうなど(その形式にはこだわらないから)配慮したり、作成者にメリットが出るようなふうにしてね
  • まとめられたり、ブクマされると嬉しい。見られてるんだ、価値が合ったんだと思うから