• このエントリーをはてなブックマークに追加

メールを送信する際に相手に理解してもらいやすい&伝わりやすいようなフォーマットを心がけています。
たとえ、それがお客様でもサポート担当者でも年下でも、目下の人でも。誰でも。なるべく。

メールを送信する時は長文になる時があります。挨拶加えるだけで、簡単に4行は普通に超えますよね。
まず、この段階で、挨拶と内容だけでもブロックごとに改行でわけて読みやすくしています。これだけでもちがいますね。
改行を使うのは基本ですね。

その他に見やすくするためにはやはり、記号。それを頭につけたり、文字を囲ったりして他の文章や項目と違った意味付け、ぱっとみた見た目の発見の市安さを追求します。可読性を考慮したメールは時間短縮につながります。メールに対してどういう意味なのかという、質問をされないようにするためには、内容もわかりやすくしなければいけませんが。

例えば、「・」ですね、同じような項目を羅列する時に使います。

りんご・みかん・ぶどう

こんな感じに。

また、リストにも使いますよね。

・りんご
・みかん
・ぶどう

「■」などは見出しによく利用します。

■見出し

内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容

■見出し

内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容

と言った具合に。そういったコピペ用まとめを準備しましたので、参考になすってくださいませ。