• このエントリーをはてなブックマークに追加

一つの目的を叶えるためには、今から何かを行うためにその場のまわりにすぐに行動に移せるものや、それに関連したものが近くにあることが望ましい。配置の設計からすると。 直線的に動作が流せるように、例えば、キッチン・シンク・食器置き場・ダイニング。このあたりが1直線にレイアウトされていると非常に調理や片付けが効率的になる。しかし、全体を1直線にすると負都合な部分が出てくるといったこともある。

例えば、トイレを一直線上に置くと非常に距離が長くなって、端から端にたどり着くのが大変になる。そのため、1直線というのはあまり効率的にはならないのかもしれない。 次に考えたのが、全体の生活の流れを中心に考えたもの。 玄関から入って、リビングが有り、その横にダイニングがある。トイレは玄関の近く。キッチン、シンクなどはダイニングの隣。

後、必要なのは風呂場と洗面所、洗濯場。これ等は直線上にあってほしいところではあるものの、端が遠くならないように何処かで折れる用にレイアウトすると良いかもしれない。そうすれば、直線的で、近くにほしいものを隣り合わせることができて効率化が図れる。 これらを合わせると、折りたたむような形にするといったアイデアもあるが、どうもそれだと部屋の面積や動作に問題が起きる。 様々考えた結果、家のレイアウトはまわりに通路があって、それが廊下や回廊、縁側、物干しスペースとなっていて、囲われているようなものが良いと思う。

中心にはそれぞれ機能毎にわかれた部屋が配置されている。 これで、玄関から入って、食事をし、浴室に入り、脱いだ服は隣の洗濯機に入れて、洗いそれを取り出したら隣に干す。干したものは隣の自分の部屋に置くという流れができる。これに加えて、購入したものを置くための倉庫や搬入場などというものがあると便利。ゴミ置き場は必須。