2000年~2050年までまだまだ残っている仕事、伸びていく仕事・無くなっていくであろう仕事など予想

生活用品・日用品は無くならない

  • 視力補正器具
  • メガネ
  • コンタクトレンズ
  • 情報処理装置
  • コンピュータ
  • 端末
  • 交通機器
  • メガネ
  • 視力補正器具
  • 自動車
  • 自転車
  • 車椅子
  • 保険
  • 損害保険
  • 健康保険
  • 衣服
  • 上着
  • 下着
  • ズボン
  • 家具
  • 住宅
  • 新築工事
  • マンション・アパート
  • 外構
  • 外構工事

比較サービス

葬儀の比較サイト

そもそも比較条件があるかどうか、今後需要が減っていく可能性

  • 不用品回収比較サイト
  • リサイクル品比較サイト

既に巨大な情報が集まるサイト

  • 参入には特別な強みが必要
  • 旅行比較サイト

映像コンテンツ・放送事業

今後伸びていく、ITに強い企業は商機がある。社会構造が変化してチャンスになる可能性。

  • 地方情報番組
  • 商品の紹介
  • 機械修理
  • 機械・ロボットレンタル事業
  • ロボット修理

試着

  • 完全なバーチャル試着が可能になる
  • コレが可能になると、お店が必要なくなる。自分が来ているイメージがパッと分かると楽になる。

新しく登場する伸びるであろう

  • 音楽やソフトの選別を行ってくれる自動機械
  • 月額制のApple Musicなどがそれらのもとになるもの

コンテンツ補助ツール

  • 撮影の効果やストーリーの順序立て、演出、登場人物の管理などが行なえ、簡単に映画制作することができるようになるなど
  • 映画は何ヶ月やながければ何年とかかるが、それが数時間で組み合わせることにより作成可能になる。
  • 観ても遜色ない物が作れるようになる。

ゲーム作成ソフト

ゲームを作ることができるのは一部のプログラマーやデザイナー、プランナーのみではない。
作れるようになる。

2050年には実現しないだろうと感じるもの

  • 火星移住、他惑星への移住
  • 他の星への旅行は拡大したり、価格が下がって供給できるようになるため、誰かは一度は近場の宇宙旅行にいけるといったところまでは可能。
  • 問題は、燃料・技術・コスト。
  • 移住することにメリットがなければ人が増えず、利用者が増えず、伸びない。
  • 会の構造が大きく変化する必要がある。
  • 例えば、月にしろ火星にしろ10万人くらいは定住していて、地球との行き来が、1週間~1ヶ月で済むようにならなければ現実味は帯びない。
  • 火星までの距離は7800万キロ。地球1週の1950倍?
  • 地球1週に1日かかる速度ならば、数年かかる。
  • 時速1万キロなら325日。
  • 時速1億キロなんてことなら、加速を踏まえても1時間ほどで到着できる?
  • ちなみに光の速度は10.8億キロ。光の速度なら、4分30秒ほど、太陽は8分20秒らしい。

現実的なのは、意識を火星に移すほうが先かも。
生身の体を移すのは怖いし、情報やら機械が火星で動くならばそれで良い。

★人が人にもとめること

  • 会話
  • 共感
  • 発見
  • 感情の起伏
  • 失敗
  • 成功
  • サプライズ
  • 驚き

以下はリスクがあるので避けるべきか。

  • 医薬品
  • 食品
  • 飲料