• このエントリーをはてなブックマークに追加

おもしろ辞典・ニッチな辞典

ネット上には数えきれない程の辞典があります。

goo辞書やYahoo!辞書、Wikipediaだけだと小難しくてわからないし、ニュアンスが理解できない。
辞書を引いて一発で理解できる人にとっては満足なんだろうけど、そうじゃない自分みたいな人間にとっては「ん~」といった感じで。 そういった人に向けて作られたのが自分辞書だったり、オモシロ辞書だったりするのかなと思います。
そういった辞書関係のサイトをピックアップしてみました。

コトバンク

新聞社や出版社が提供するキーワードを登録しているサイト。ニッチなキーワードが丁寧に説明されていることがあって面白い。

https://kotobank.jp/

はてなキーワード

かなりしっかりとした辞書になりつつあるサイト。はてなの提供しているサービスと連動しているので、リンクをたどると分かりやすい。

はてなキーワード:http://d.hatena.ne.jp/keyword/

ニコニコ大百科

その名の通りニコニコ(2ch・ニコ動系)の辞典。よくある辞典ではできないワードのニュアンスを事細かに説明しているし、何といってもノリがあって面白い

ニコニコ大百科:https://dic.nicovideo.jp/

ピクシブ百科事典

同人・漫画・イラスト・二次創作に関する辞典。ネットや創作物などのキャラクターや言葉の意味が引ける特化型辞典。イラストや関連記事でニュアンスが理解しやすい。

ピクシブ百科事典:https://dic.pixiv.net/

Wikipedia

ウィキペディア。ボランティアで編集者が記事を変更することができて、その数やボリュームもどんどん増えている。フォーマット・テンプレートが目的によって表示やアイコン、見た目が変わるため、ページによって使い勝手が代わり使いやすくなるなど進化してきている。

https://ja.wikipedia.org/

Chakuwiki

バカが集まって作った辞典。記事の編集は自由だが、あまりに強烈な表現はNG。そういった人はアンサイクロペディアで編集するのがいい。

Chakuwiki:https://wiki.chakuriki.net/

アンサイクロペディア

面白ければ何でもOKのpedia。そのため記事の内容によっては自分がファンの人を馬鹿にされているような表現があったりするので、注意が必要。記事の編集は厳しくないものの、人に必要とされない記事はやはりNG。ガイドラインを読んで執筆しましょう。

アンサイクロペディア:https://ansaikuropedia.org/

鉄板の一般的辞書・事典

Weblio

総合百科事典。

https://www.weblio.jp/

goo辞典

国語辞典、英和・和英辞典など様々な辞典がある。

https://dictionary.goo.ne.jp/