インフルエンザにかかった時、疑わしい時の対処や通院などの流れや覚えておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社

朝出勤する前に発熱などを伴い、インフルエンザが疑わしい時は、会社に連絡をとって内科などにかかること。インフルの検査は数分で反応が出るものがあるので、それに引っかからなければひとまずは出勤するという形を取る。
ここで注意しておかなければいけないことは微熱時や症状があまり現れていないときには反応が出づらいこともあるので、次の日や同日の夕方頃に体調の具合を見てもう一度検査してもらうのが良い。

38度を超えるような高熱や関節痛などはインフルの可能性が高い。37度台で反応が出れば一番早く対応でき、他の人に迷惑がかからないが、難しい問題みたい。

出勤して体調が優れず、熱が上がってきたらできればその日のうちに診察をもう一度受けるというのもありかもしれない。翌日になると状態が悪化していて、動けなくなるという場合もあり、検査を受けるのにそもそも病院やクリニックに行くのが無理ということにも。その場合薬も出ていないため最悪の状態に。

なんにしてもタイミングの問題ではあるが、うまく見極めて行動したいところ。

会社は診断書が出るので、それを会社に提出するために申し出ておくこと。

自営業

お客さんや他に仕事で関係のある人に迷惑がかからないように、今日の仕事の段取りなどを相談しておく。具体的にどうだとかいうのは信頼関係が築けていれば良いかもしれないが、わざわざ明言しなくても良い。後日伝えれば良い。

ともかく、他の人に迷惑がかからないように関係が悪くならないようにひとまずのところで調整したら、病院やクリニックにかかる。

診断書が必要なケースがある場合は会社員と同じように診断書を嗅いてもらいましょう。

診断書

診断書は

  • 出勤可能日時を知るための証書
  • 安静にして置かなければいけない証書

で、

世間一般的な感覚

風邪くらいで休むな、感染症なら出てくるな。こんな感じです。

インフルエンザはそれほど感染力が高くて、場合によっては迷惑をかけるだけではなく、人の命を奪いさえする大変な感染症です。会社の仕事・自分に与えられた責任なども大事ですが、周りに迷惑がかかるかもしれないという責任も頭に叩き込んでおく。当たり前だと思っておくことが大事。

それでも、初期状態の時に感染しただのどうだのといったものまでは責任負えないですよね。杓子定規のようにうまくいかないです。人や感染状態や進行具合なんて環境や状況タイミングなどで大きく変わるものです。

抑えなければいけないポイントを抑えておいて、一般的な感覚で。

会社の対応

さて、一般的には休むべきと医者に言われれば休むのが普通ですが、そうではない会社や組織もあります。

会社や組織の一員であれば、それらの判断を仰いだほうが良いかと思います。

一般的な期間

個人差はあるでしょうが、おおむね1週間程度の期間を設けることが多い。

発熱してから5日間。解熱して2日間あたりといったところ。

発熱後は薬を飲んで落ち着いたため、2日位で体調が良くなって4日位で大丈夫そうになったりする人、体が丈夫で少々の体調が悪いだけですぐに体調がもとに戻る人までいたり。長いと1週間や続きます。

流れ

  1. 体がだるい
  2. 発熱、頭痛や関節痛や吐き気、嫌悪感などがする
  3. 風邪薬を飲んでも効かない
  4. 38度以上の高熱がすでに出ている
  5. マスクをつける
  6. 内科にかかる
    1. 診断日が休診になっていないか注意する
  7. インフルエンザの場合は診断書を書いてもらうように先生か受付にお願いする
  8. 待つ
  9. インフルエンザの検査結果は数分で出る
  10. 出なければ様子を見る
    1. 高熱が出ててきた場合は再診する※後日や同日の夕方など
    2. 診断日が休診になっていないか注意する
  11. 薬を薬局で会計する・受け取る
  12. 家まで安全に帰る

マナー

インフルエンザに限らず風邪も感染します。なので、人にうつしてしまう恐れのある病気は知っている人知らない人に限らずマスクをつけて飛散しないようにする。

できれば、くしゃみなどをする際は顔を離している人からそむけるなど気をつける。

完璧はないですが、気持ちの面で気をつけるところから。