• このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての.htm・.htmlをPHPとして動作

すべての.htm・.htmlファイルをPHPとして動作させるための記述。

通常拡張子というものは、.htmlなり、.phpなり、.pngなりそれぞれ.htaccess・Webサーバー側で、指定されたファイルや場所にアクセスしたときにこの拡張子のものは、こういった表示だとか、こういった動きをしなさいって平たく言うと、処理します。

それを、すこし変えてしまって、.htmlファイルなんだけれども、PHPを使いたいって時。そういうときにこういった記述を行うことで、違う拡張子でも、プログラムをはじめ様々に特殊な動きを設定することが可能。

#html -> php
AddType application/x-httpd-php .htm .html

特定のファイルのみPHPとして動作

特定のファイルのみ.htm・.htmlをPHPとして動作させることが可能です。

これを使う時、例えばトップページだけは.htmlだけれども、PHPのインクルードを行いたいとかそういったときに重宝します。他のページは<?が記述されていることが合ったりという懸念があるときにも個別指定は気分が楽になって良さげです。

#html -> php
<Files "xxxx.html">
AddType application/x-httpd-php .php .html
</Files>

特定のディレクトリ内の特定ファイルのみPHPとして動作

特定のディレクトリ内の、このファイルだけはPHPとして動作させたいときには、以下のような記述で設定することが可能。

ここのディレクトリ内の、このファイルだけれども、これだけは.htm・.htmlをPHPとして動作させたいなって時。

これが重宝するケースは、プログラムが入って入るけれども、ローカルのファイル上で、プログラムの表示部分以外はHTML・CSSなどの見た目がちゃんとチェックできるようにしたい。つまりは、サーバーを必要とせずともプレビューしたいなぁ、ってときに重宝するかも。

とくにプレビューが必要でないときには、.phpに変えてしまうのが吉。

ケースバイケースでこういった記述を行い対応しましょう。

#html -> php
<FilesMatch "^content.*\.html$">
AddType application/x-httpd-php .php .html
</FilesMatch>