.htaccessでwwwあり・なしに統一し、さらにhttpでアクセスした時にhttps化するコード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

example.comはサンプルなので、それぞれのサイトのドメインに書き換えて、.htaccessに貼り付けて設定。

WWWなしに統一。

#### www無しに変更
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.com
RewriteRule (.*) http://example.com/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

WWWありに統一。

#### wwwありに変更
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com
RewriteRule (.*) http://www.example.com/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

統一するメリット

URLを統一することにより、外部からのリンクを一つのパターンに集約することができ、覚えやすくなる。また、評価がしやすくなるため、より的確なサイト・ページの評価が行われる。

SSL化

SSL化することにより、安全にサイトのコンテンツを閲覧することができる。非SSLのサイトやページよりも評価され、適切な評価がされる。