• このエントリーをはてなブックマークに追加

とあるファイルが無くなって、別のファイルと統合した。あるいは、ファイルを分割した。

さらに、サイトのドメインが変更されたので、飛び先を変更したいと行った時。そういうときには、リダイレクトというキーワードを使っていろいろ探してみると実現できるかもしれない。

リダイレクトの例

/index.htmlにアクセスしてきた人は、

https://www.example.com/へ飛ばす。

/company.htmlならhttps://example.com/company.php、

/service.htmlならhttps://example.com/service.php、

/gallery.htmlならhttps://example.com/gallery.php、

/link.htmlならhttpss://example.com/link.php

という感じに飛び先を指定することで、リダイレクトが可能になる。

Redirect permanent /index.html https://example.com/
Redirect permanent /company.html https://example.com/company.php
Redirect permanent /service.html https://example.com/service.php
Redirect permanent /gallery.html https://example.com/gallery.php
Redirect permanent /link.html httpss://example.com/link.php

もっと短い例

/index.htmlにアクセスしてきたならばそのユーザーだけ、https://example.com/へ。

Redirect permanent /index.html https://example.com/

全部まるごと新しいドメインへ

まるごと新しいドメインのトップページにすべて飛ばす場合は以下の通り。

Redirect permanent / https://example.com/

ファイルごとに飛び先サイトを変更

/index.htmlにアクセスしてきたならばそのユーザーだけ、https://example.com/へ。

/service.htmlにアクセスしてきたならばそのユーザーだけ、https://service.example.com/へ。

Redirect permanent /index.html https://example.com/
Redirect permanent /service.html https://service.example.com/

特定のフォームをリダイレクト

/form1/にアクセスしてきたユーザーは、https://example.com/contact/にリダイレクト。

Redirect permanent /form1/ https://example.com/contact/

/form2/にアクセスしてきたユーザーは、https://example.net/example.com/form2/にリダイレクト。共有SSLなどの飛び先はこんなリダイレクトもあるかも。

Redirect permanent /form2/ https://example.net/example.com/form2/

リクエストされた値を引き継ぐ

リダイレクトは、アクセスしてきたページから別のページに飛ぶということ。冒頭で例に上げたとおり個別に記述するのもあるが、Rewriteという、リクエストしたURLやパラメータをもとに表示させるURLなどを変更する・それに合わせる記述方法もある。

手っ取り早く、転送かけたいときはリダイレクトが一番だが、前のページにアクセスしてきた人をより意図した新しいページに引き継ぐならば、Rewriteがおすすめ。

Rewriteについて