• このエントリーをはてなブックマークに追加

.htaccessコード

#html -> php
<Files "xxxx.html">
AddType application/x-httpd-php .php .html
</Files>

HTMLの拡張子だけれども、PHPのコードを記述すれば、そのコードがPHPとして動作してほしいときってあるかもしれません。そういう時は、HTMLの拡張子のままPHPとして動作する.htaccessを記述すれば実現できる。

.htaccessとうのはApacheというWebサーバーアプリケーションにオプション・制御・設定を上書きするための特別なファイル。もともと設定されているサーバーのデフォルト設定を上書きしたい・指定・設定したい時に使う。

ファイル名は無く、.htaccessとする。Windowsだとエクスプローラ上で作成できないので、テキストエディタやFTPソフト上で作成することが実現可能。

どういったケース?

こういった.html拡張子で、.phpとして動作させると言ったケース。どういった場面で行うのかというと、もともとHTMLで記述していたページがあまりにも多くて、拡張子をすべて変換するには、ファイルをすべてリネームしなければいけないし、そこにリンクしていたHTMLのファイルの拡張子をPHPに帰るのが手間だという場合。そのままの拡張子で、PHPを動かすことができる、PHPという機能を拡張できるということになるので、柔軟に取り入れることが可能。また、PHPのコード部分は処理されないが、それ以外の部分であるHTMLはそのままローカルでサーバーを準備せずとも確認できるようになるため、メリットが大きい。