• このエントリーをはてなブックマークに追加

HTMLファイルをPHPとして実行ということをしたいといったケースもあるかもしれないが、DreamweaverのテンプレートをHTMLで表示したいといったケースもあるかも。ということでご紹介です。

dwt -> html Dreamweaverテンプレートファイルをhtmlとして表示させる

DreamweaverのテンプレートをHTMLとして表示したいときは次の通り。

AddType text/html .dwt

dwt -> html Dreamweaverテンプレートファイル・ライブラリファイルをhtmlとして表示させる

Dreamweaverのテンプレートと、さらにライブラリファイルをHTMLとして表示したいときは次の通り。

AddType text/html .dwt
AddType text/html .lbi

Dreamweaverのテンプレートファイル

Dreamweaverのテンプレートファイルは、静的な.htmlを作成するときに、雛形をもとにファイルを生成するという機能を持っている。1つ2つのファイルで構成されたサイトならばそれほど恩恵は感じられないが、たくさん静的なファイルが存在するサイトはとても便利。

テンプレートファイルはどういったものか?

任意のファイル名.dwtというファイル拡張子で、Templatesフォルダ内に作成される雛形ファイル。

通常のHTMLファイルは、ナビゲーションなどの共通のパーツでも、トップページやその他のページなどに記述されているナビゲーションのソースコードは別となる。そのため、トップページのナビゲーションを更新しても、他のページは更新されずに古いまま。

他のページを更新するためには、同じようにコピーして、ペーストし記述内容を同じにしないと具合が悪くなる。

更新頻度がいくら低くても、いざ何ページも変更となると大変。

そういったときにDreamweaverのテンプレートをそのファイルに適用する、あるいはテンプレートをもとにHTMLを作るというサイトの構築方法をとっていると、一つのファイルを書き換えるだけで、その雛形に結びついているファイルすべてが同じ内容に書き換えてもらえる。といった便利な機能がある。それが、Dreamweaverのテンプレート。

通常のHTMLと同じ記述を行うが、HTMLコメントを使って、編集可能な領域と、そうでない領域を分ける。

どういうことかというと、<title>タグなどは編集可能。<head>内の<meta>などは編集できない領域として設定することが多い。

トップページのタイトルは例えば

<title>●●工業</title>

だが、会社案内のページは、

<title>会社案内 - ●●工業</title>

としたい。

これがすべて同じ記述になっていると、全て●●工業という名前になってしまう。

それは、そのページを表す内容としてはふさわしくない。各ページごとに編集できるようにしたい。ロックを外しておきたいということ。

例)

<!-- TemplateBeginEditable name="doctitle" -->
<title>ページ名 - ●●工業</title>
<!-- TemplateEndEditable -->

/Templates/base.dwtファイル内のタイトル付近はこのよう記述しておくことで、編集可能な領域となり、各ページごとにタイトルを変更できる。