• このエントリーをはてなブックマークに追加

index.html

index.htmlのみ省略する。index.htmlというファイルはそのディレクトリのいわばトップページと呼ばれるようなページ。そのページにアクセスしたときに、https://example/でアクセスしてきたときに、https://example/index.htmlとわざわざ記述しなくても、index.htmlが表示されるようにする。

こういった設定は、有名なレンタルサーバーならば記述をわざわざしなくても、省略してアクセスできるようになっている。

これはindex.htmlのみ対象となる。index.htmなどは対象にならない。

DirectoryIndex index.html

index.htmとindex.html

index.htmが存在したらまずはそちらが先にトップページとして読み込まれるようになっている。

最初に説明した、index.htmlのパターンと同じように、https://example.com/でアクセスしてきたら、index.htmが表示される。

index.htmというファイルがなければ、次にindex.htmlを探しに行って、存在したらindex.htmlが表示される。

2つ、つまりindex.htm・index.htmlがあったらどうなるかというと、左側から優先されて表示される。つまり、index.htmlは優先順位が低い。

どちらも設置していて内容が同じだと、混乱してしまうため、注意が必要。

DirectoryIndex index.htm index.html

index.php

拡張子の優先順位を考えて、.phpを優先したいときには最初にindex.phpと記述する。その後に半角空白スペース区切りで、index.htmlなどを念のために記述しておく。.phpでしか構成しないときは、index.htmlを消してしまっても良い。

DirectoryIndex index.php index.html

様々な拡張子を記述すること可能

トップページとして表示される拡張子は.htmlや.phpが多いのかもしれないが、.cgiなども設定可能。左から優先順位が高いということに気をつけながら、半角空白区切りで設定する。

DirectoryIndex index.php index.html index.htm .index.cgi

さらに.pyや.rbを加えると、

DirectoryIndex index.php index.html index.htm .index.cgi index.py index.rb

順番を例えば変えると、

DirectoryIndex .index.cgi index.py index.rb index.php index.htm index.html

こんなことも。ただし、トップページとして、ファイル・拡張子が省略されるのはそれほど設定する必要というのはない。おまけとして、こんな感じで設定可能ということだけ頭の片隅にでもおいておいてくださいな。