hostsを使って現在運用しているドメインのサイトとは別のサーバーを事前確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hostsとはipアドレスとホスト名の定義ファイル。WindowsやMac、Linuxにある。このファイルにipアドレスとホスト名の定義を行うことにより、実際にインターネット上で見ることができるサイトや読み込み先・リクエスト先をあえて変更することができる。

example.comというサイトで運営しているサイトがあって、そこのサイトを移設しようとしたときには、新たにレンタルサーバーを借りて、そこにアクセスするわけではあるが、そこのレンタルサーバーを表示先として切り替えると都合が悪い。

構築中に本番用のドメインでアクセスできて、なおかつ今動いているサーバーのデータをそのままにしておけるようにするために、hostsを使う。

hostsの例

127.0.0.1 www.example.com

127.0.0.1は自分自身のPCのIPアドレス。なので、今触っているパソコンのホストを探しに行って、Apacheなどがそのドメインの設定をしていたらそのリクエストに答えて、www.example.comとして表示される。

前もってドメインの切り替え前に動作チェックしたいもので有名なのがWordPress。WordPressはドメインをデータベースに保存し、そのドメイン上で動作するのが前提であるため、違ったドメインにアクセスされると保存されたドメインに転送されてしまう。なので、hostsを使って上げる必要がある。

hostsを使えないサーバーもある

困ったことにhostsを使えないサーバーもある。内部的にホスト名が割り当てられておらず、切り替え前に見ることができない。